小聯隊長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小連隊長
The Little Colonel
監督 デイヴィッド・バトラー
脚本 ウィリアム・M・コンセルマン
原案 アニー・フェローズ・ジョンソン
製作 B・G・デシルヴァ
出演者 シャーリー・テンプル
音楽 シリル・J・モックリッジ
撮影 アーサー・C・ミラー
ウィリアム・V・スコール
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1935年2月22日
日本の旗 1935年9月
上映時間 82分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

小連隊長』(The Little Colonel)は1935年制作のアメリカ合衆国の映画デイヴィッド・バトラー監督のドラマ。シャーリー・テンプル主演作。原作はアニー・フェローズ・ジョンソンの同名の小説である。

シャーリー・テンプルの代表作の一つ。シャーリー・テンプルと、当時世界最高のタップ・ダンサーといわれたビル・ロビンソンの最初の共演作。階段でのタップの場面は有名。

ストーリー[編集]

南北戦争後のアメリカの南部。南軍の将校だったロイド大佐の大農園。そこに孫娘のロイド・シャーマンがやってくる。実は、ロイド・シャーマンの母は、ロイド大佐の娘だったのだが、北部人と結婚したために、絶縁状態になっていたのだ。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]