小春日和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小春日和(こはるびより)は、晩から初にかけての、暖かく穏やかな晴天である[1]

移動性高気圧に覆われるなどして発生する。

冬の季語である(陰暦の冬は旧暦10月12月)。

小春[編集]

小春(しょうしゅん、こはる)は、漢籍旧暦10月の異称である。このころの気候と陽気がに似ているため、小春と呼ばれるようになった[2]

新暦では、おおよそ11月ごろ。より詳細には、小雪11月22日ごろ)を含む朔望月であり、最大で10月23日ごろ~12月22日ごろが旧暦10月になりうる。

小春日和と同様に、冬の季語である。

各地の呼び名[編集]

緯度各地に同様の気候があるが、地域により時期は若干ずれる。

インディアン・サマー[編集]

北米(元はニューイングランド)では同様の気候を Indian summer(インディアン・サマー、インディアンの夏)と呼び、小春日和と訳される[3]

アメリカ合衆国国立気象局 (NWS) では、Indian summer

An unseasonably warm period near the middle of autumn, usually following a substantial period of cool weather.
(中秋ごろの、季節はずれに暖かい期間で、通常は寒い気候が相当期間続いた後に来る)

National Weather Service Glossary[4]

と説明している。

バービエ・レータ[編集]

ロシアでは同様の気候を бабье лето (バービエ・レータ、婦人の夏)と呼び、小春日和と訳される[5]

ただし緯度の違いから時期がずれ、初秋[5]8月下旬から9月上旬[6]9月14日から9月21日または27日[7]などとされる。

出典[編集]

関連項目[編集]