小春日和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小春日和(こはるびより)とは、晩秋から初冬にかけて、移動性高気圧に覆われた時などの、穏やかで暖かい天候のことである。

小春(こはる)とは陰暦10月のこと。現在の太陽暦では11月頃に相当し、この頃の陽気がに似ているため、こう呼ばれるようになった。

俳句における「小春日和」・「小春」は季語となる。(陰暦の冬は10月~12月)

英語ではIndian Summerが小春日和に該当する季節現象である。

人名[編集]

「小春」は、人名や芸名に使われる。

関連項目[編集]