家庭教師のおねえさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
家庭教師のおねえさん 〜Hの偏差値あげちゃいます〜(回収版/修正版)
家庭教師のおねえさん 〜Hの偏差値あげちゃいます〜 DVDPG(DVDPG版)
対応機種 Windows98/Me/2000/XP(回収版/修正版)
DVDプレーヤー(DVDPG版)
発売元 アトリエかぐや(回収版/修正版)
アイチェリー(DVDPG版)
開発元 アトリエかぐや (Berkshire Yorksire)
ジャンル 恋愛ADV
発売日 2005年4月28日(回収版)
2006年2月5日(修正版)
2006年7月21日(DVDPG版)
価格 税込9,240円(回収版/修正版)
税込5,985円(DVDPG版)
レイティング 18禁
キャラクター名設定
エンディング数 9
メディア DVD-ROM(回収版/修正版)
DVD-Video(DVDPG版)
画面サイズ 800×600 16bit-COLOR(回収版/修正版)
BGMフォーマット PCM
キャラクターボイス 女性のみ有り
備考 初回版は回収

家庭教師のおねえさん 〜Hの偏差値あげちゃいます〜』(かていきょうしのおねえさん エッチのへんさちあげちゃいます)は、2005年4月28日アトリエかぐやより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲーム。及び、それを原作として2007年4月27日に発売されたピンクパイナップルアダルトアニメ

概要[編集]

アトリエかぐやの第20作。初回版は発売から半年以上も後にモザイク処理の不備を問題視されて回収指示を受け、後に修正版が発売された。

夏休み中に4人の女性家庭教師と同居しながら、勉強とHなレッスンを受けることになる。ゲーム内の期間は7月23日から始まり、実質的には夏休みの終わる8月後半まで。舞台は、基本的に自宅内が中心。

あらすじ[編集]

ごく普通の学生・佐倉透也は、夏休み中に小野寺理央秋月沙良汐乃渚雨宮天音ら4人の女性家庭教師と同居することになった。父が海外出張へ行ってしまったため、透也は4人と同居しながら、お姉さんだらけの夏季集中エロチカレッスンを受けていく。

登場人物[編集]

声優はゲーム版のもの。

佐倉 透也(さくら とうや)
- なし
主人公。ゲームでは姓名とも変更可能であるが、デフォルトのままであれば音声付きで呼ばれる。成績が良くないため、父親によって家庭教師を付けられる。家族構成は父だけであり、母はいないことをストーリーの中で語っている(ただし、新作2弾のOVAでは母親らしい人物がデフォルメで父と一緒に居る場面がある)。
小野寺 理央(おのでら りお)
声 - 楠鈴音
身長 - 162cm、体重 - 53kg、スリーサイズ - B85・W53・H86
国語教師。おっちょこちょいな女子大生。髪の色は赤色。髪型はロングヘア。電車内の事故の所為で帰宅途中の主人公を痴漢と誤解してしまうが、偶然乗り合わせていた沙良により誤解が晴れる。大学卒業後の進路は小学校教師であり、教育を含めた物事を難しく考えてしまうこともしばしば。トラブルになると、不器用な言動が目立つ。佐倉家に同居する前に住んでいた家は築100年のアパートだったため既に老朽化しており、崩壊してしまった。胸が小さい(と自分では思っている)ことを気にしている。怪談話は苦手。
秋月 沙良(あきづき さら)
声 - 天天
身長 - 172cm、体重 - 63kg、スリーサイズ - B98・W58・H92
英語教師。セクシー悩殺天然系の塾講師。髪の色は金色。電車内で帰宅途中の主人公と偶然居合わせており、理央に痴漢の誤解を弁解し、透也を救った。先述の通り、天然な性格であり、佐倉家に入り、初対面の天音を透也の父親と間違えたほど。主人公にパイズリなどを気持ちよくした後で勉強の続きをやらせたりするなどサディストなところもある。佐倉家に同居する前に住んでいた家は仕事中にガス爆発が起こり自宅に火が燃え移り火事になってしまい、消失してしまった。沙良ルートではその後に、実篤により住居を手配されている。
汐乃 渚(しおの なぎさ)
声 - かわしまりの
身長 - 168cm、体重 - 59kg、スリーサイズ - B90・W55・H88
数学教師。サバけたノリの良い先生の女子大生。髪の色は茶色。髪型はショートヘアー。透也の家庭教師になる前に過去に一度、女の子の家庭教師をした経験がある。本人曰く「昔から数学だけは得意」と自負しているが、それ以外の教科は芳しくないらしい。プロレス(観戦・実践ともに)が趣味で、プロレス観戦に夢中になると熱くなり、無意識のうちに透也にプロレス技を掛けてしまうほど。料理の腕は悪く、透也がその料理を口にした途端救急車沙汰になった。
雨宮 天音(あまみや あまね)
声 - 大波こなみ
身長 - 160cm、体重 - 50kg、スリーサイズ - B79・W52・H84
生物教師。「入ることですら難しい」と言われている海凌院大学の院生。髪の色は赤紫で髪型は前髪が長く、右目が隠れている。性格はぶっきらぼうで几帳面、なおかつシャイで、自己紹介の際に出身大学を答えると理央たちに驚かれており、このときに照れ隠しの言動が見られた。担当教科が生物なのは大学で生物を専攻していたためである。授業のスタイルは、他の3人と違い基礎から教えるのではなく、ぶつけ本番で小テストをやらせていくという、半ばスパルタ方式で指導していく(海凌院大学の影響と思われる)。
ある日、天音が前の自宅に帰宅したときに透也の父親に荷物を勝手に佐倉家に移動され、その家に残された手紙を頼りに佐倉家を辿ったという。自身の部屋は意外とファンシーな雰囲気であり、ぬいぐるみがいくつか置いてある。その中では「ニャーたん」がお気に入りの様子。胸が小さいことを気にしている。怖がりでもあり怪談話は苦手。自身が話した怪談話によれば、原付の免許を所持しているらしい。料理は上手く、親睦会では理央によれば「嬉しそうに作っていた」とのこと。
いつも強がりな言動を取っているが、素は処女そのものであり、佐倉家に住み込み始めの翌日の朝、便所にて透也と事故同然に鉢合わせしてしまい、その拍子に放尿を見られ[1]複雑な仲になるものの、次第に好意を寄せるようになる。
佐倉 実篤(さくら さねあつ)
声 - なし
透也の父。職業は不明だが、海外での出張が多く、家にいないことが多々ある。上記の4人の家庭教師を雇った張本人であり、親戚などからも相談されて4人とも家庭教師の依頼を引き受けたとのこと。家庭教師4人を主人公と対面させた次の日、1か月の海外出張に行ってしまう。奇想天外かつ破天荒な人物であり、天音の自宅から住居侵入に触れるほど荷物を勝手に自宅に移動したり、沙良ルートに進むと新しい住所の手配を済ませていたりする。

アダルトアニメ[編集]

2007年にピンクパイナップルより、『家庭教師のおねえさん THE ANIMATION 〜Hの偏差値あげちゃいます〜』のタイトルで発売された。DVD全2巻。各巻40分、税込7140円。初回限定版には、同一内容のUMD-Video版が同梱されている。その後2010年10月から新シリーズが発売された。

各巻タイトル[編集]

家庭教師のおねえさん
  • Lesson1 初レッスンはいきなりドキドキクライマックス!?(2007年4月27日発売)
  • Lesson2 セカンドレッスンはドキドキギンギン! コスプレ授業!?(2007年7月27日発売)
家庭教師のおねえさん2(セカンド)
  • Instruct.1 もっとエッチなこと教えてあげる♪(2010年10月22日発売)
  • Instruct.2 どんなことでも教えてあげる☆ (2011年1月28日発売)

スタッフ[編集]

  • 原作 - アトリエかぐや
  • 監督 - ひぐちよしたか
  • アニメーションキャラクター - 石原恵
  • 作画監督 - 北村友幸
  • 美術監督 - 佐藤ヒロム
  • プロデューサー - 織賀進
  • 制作 - フレーバーズ・ソフト
  • 製作 - ピンクパイナップル

脚注[編集]

  1. ^ その際、仕返しとして透也に自身の前で同じように放尿する事を強要した。また、初授業の際、透也が尿意を示した際にも「実験」と称して受け皿を用意し、同じように放尿を強要した。が、そこで揉め合いになり、事故同然に唇が重なってしまい、あまりの恥ずかしさに自暴自棄になり透也を部屋から追い出し授業中止にした。

外部リンク[編集]

全て18歳未満閲覧禁止。