安田拡了

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

安田 拡了(やすだ かくりょう、1954年5月27日 - )はフリープロレス格闘技ライター岐阜県出身。ニックネームはヤスカク

来歴[編集]

夕刊紙「名古屋タイムズ」の社会部記者、ラーメン店経営などを経て、フリーライターに転身。主に週刊プロレスで執筆し、新日本プロレスパンクラスといった特定の団体に熱狂的な賛辞を送る一方、リングスハッスルといったオポジションの団体にはこじつけに近い批判を展開することで知られる。パンクラスに批判的な言動を行った村濱武洋の自宅にまで電話をかけ、恐喝に近い抗議を行った“事件”などもインターネット上で話題にされている。

新日本プロレスがテレビ中継(テレビ朝日ワールドプロレスリング』)の放送時間を縮小される際、「レギュラー放送時間は縮小されるが、年6回の特番枠が用意される」との記事を書いた。

2006年、「G1 CLIMAX」の開催前にスポーツニュースウェブサイトにて、「棚橋弘至永田裕志の2人は9分9厘 決勝リーグに勝ち上がってくるだろう」と述べたものの、2人とも予選リーグで敗退した。

週刊プロレスでは、試合評だけでなく、いくつかの連載コラムも執筆。また、携帯サイト「バトル三昧」では、コラム「ヤスカク飛び込みナビ」を連載した。

古巣である名古屋タイムズでは「格闘技インサイド・獅子たちの時代」という週一掲載のコラムを執筆していた。2007年8月9日付け掲載分で連載500回、2008年8月7日付け掲載分で終了した(全548回)。こちらでも新日本や、その派生団体を賞賛する傾向が強かった。例えば藤波辰爾が新日本を退団した直後、アントニオ猪木が単発興行「INOKI GENOME」の発表を行ったのを「藤波の退団によるマイナスイメージを緩和した」と述べていた。

ボクシングも取材領域であり、お膝元・名古屋の松田ジムに所属していた薬師寺保栄の取材を積極的に行っていた。1989年3月1日、薬師寺が同年1月15日に行ったとされる暴走行為が道路交通法違反にあたるとして、愛知県警察通常逮捕された際、同年3月3日付けの名古屋タイムズに「“リングの星”堕つ」といった見出しでこの事件の記事を書いたのは、同社社会部記者時代の安田だったという。