安息香酸エストラジオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安息香酸エストラジオール
IUPAC命名法による物質名
(17β)-17-hydroxyestra-1,3,5(10)-trien-3-yl benzoate
臨床データ
胎児危険度分類  ?
法的規制 Prescription only
投与方法 筋肉注射
識別
CAS登録番号 50-50-0
ATCコード None
PubChem CID 222757
ChemSpider 193412
別名 17β-Estradiol-3-benzoate
化学的データ
化学式 C25H28O3
分子量 376.488 g/mol

安息香酸エストラジオール(あんそくこうさんエストラジオール、: Estradiol benzoate)は、エストラジオール安息香酸エステルの一種[1][2]。最初に製品化されたエストロゲン製剤であり、1936年にシエーリング・カールバウム(Schering-Kahlbaun)が特許を取得して、Progynon-Bの商品名で注射用油性製剤として販売された[3][4]。現在では薬物動態学の点から、低頻度の投与で済むシピオン酸エストラジオール (estradiol cypionate吉草酸エストラジオール (estradiol valerateも使われている[5]。融点は195℃、ラットへの皮下投与実験での半数致死量(TDL0)は、500μg/kg[6]

用途[編集]

月経障害や更年期障害の改善を目的とした医薬品[7]、および動物用医薬品[8]として、「オバホルモン」の商品名で懸濁注射剤が販売されている。副作用として、発癌のおそれがある[8]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ A. D. Roberts (1991). Dictionary of Steroids: Chemical Data, Structures, and Bibliographies. CRC Press. p. 414. ISBN 978-0-412-27060-4. http://books.google.com/books?id=qw5X0NK1A90C&pg=PA414 2012年5月20日閲覧。. 
  2. ^ Index Nominum 2000: International Drug Directory. Taylor & Francis US. (2000). p. 406. ISBN 978-3-88763-075-1. http://books.google.com/books?id=5GpcTQD_L2oC&pg=PA406 2012年5月20日閲覧。. 
  3. ^ Enrique Raviña; Hugo Kubinyi (16 May 2011). The Evolution of Drug Discovery: From Traditional Medicines to Modern Drugs. John Wiley & Sons. p. 175. ISBN 978-3-527-32669-3. http://books.google.com/books?id=iDNy0XxGqT8C&pg=PA175 2012年5月20日閲覧。. 
  4. ^ Folley SJ (December 1936). “The effect of oestrogenic hormones on lactation and on the phosphatase of the blood and milk of the lactating cow”. The Biochemical Journal 30 (12): 2262–72. PMC 1263335. PMID 16746289. http://www.biochemj.org/bj/30/2262/bj302262.pdf. 
  5. ^ Oriowo MA, Landgren BM, Stenström B, Diczfalusy E (April 1980). “A comparison of the pharmacokinetic properties of three estradiol esters”. Contraception 21 (4): 415–24. PMID 7389356. 
  6. ^ 製品安全データシート東京化成工業
  7. ^ オバホルモン水懸注1(イーファーマ)
  8. ^ a b 動物用オバホルモン注添付文書 (PDF)あすか製薬