孟郊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

孟 郊(もう こう、751年 - 814年)は中国・代の詩人。字は東野、諡は貞曜先生という。

略伝[編集]

湖州武康浙江省)の出身。狷介不羈で人嫌いのために、若い頃は河南省嵩山に隠れた。798年、50歳の時に三度目で進士に及第し、江蘇省溧陽の尉となった。一生不遇で、憲宗の時代に没する。

詩文[編集]

詩は困窮・怨恨・憂愁を主題としたものが多く、表現は奇異。韓愈とならんで「韓孟」と称せられる。蘇軾賈島とならべて「郊寒島痩」、つまり孟郊は殺風景で賈島は貧弱と評す。韓愈が推奨するところの詩人であり、「送孟東野序」が知られている。『孟東野集』10巻がある。

古別離
欲別牽郎衣  別れんと欲して郎が衣を牽く
郎今到何処  郎 今は何処にか到る
不恨帰来遅  帰来の遅きを恨みず
莫向臨卭去  臨卭に向かって去るなかれ
帰信吟
涙墨灑為書  涙墨をそそいで書と為す
将寄萬里親  まさに萬里の親に寄せんとす
書去魂亦去  書去って魂亦去り
兀然空一身  兀然として一身空し
渭上思帰
獨訪千里信  ひとり千里の信を訪う
囘臨千里河  また千里の河に臨む
家在呉楚郷  家は在り呉楚の郷
涙寄東南波  涙は寄す東南の波
京山行
衆蝱聚病馬  衆蝱病馬にあつまり
流血不得行  流血行くを得ず
後道起夜色  後道に夜色起こり
前山聞虎声  前山に虎声を聞く
此時遊子心  此の時 遊子の心
百尺風中旌  百尺風中の旌(はた)
登科後
昔日齷齪不足誇  昔日の齷齪(あくせく)誇るに足らず
今朝放蕩思無涯  今朝の放蕩思い涯て無し
春風得意馬蹄疾  春風に意を得て馬蹄は疾し
一日看尽長安花  一日に看尽くす長安の花

題名の通り、作者が科挙に合格した際の喜びを読んだ七言絶句である。

参考文献[編集]

「唐詩選」(註解:前野直彬 版:岩波書店