太平路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太平路
各種表記
ハングル 태평로
漢字 太平路
発音 テピョンノ
日本語読み: たいへいろ
テンプレートを表示

太平路 (テピョンノ)は韓国ソウル特別市中心部を南北方向に走る幹線道路。ソウル駅中区)を起点、世宗大路交差点(鍾路区)を終点とし、総延長は1.6km。

概要[編集]

道路幅はおよそ50m、10~18車線の広い道路であり、沿線には崇礼門(南大門)・ソウル特別市庁舎が所在する。

名称は、朝鮮王朝時代に明の使臣を迎接した「太平館」があったことに由来する。植民地時代には太平通と呼ばれた。1946年10月1日に現名称に改められた。

沿道の主な施設[編集]