三角洞 (中区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三角洞
各種表記
ハングル 삼각동
漢字 三角洞
発音 サムガク=トン
日本語読み: さんかく=どう
ローマ字 Samgak-dong
テンプレートを表示

三角洞 (サムガクトン、삼각동)は、ソウル特別市中区にある法定洞

概要[編集]

三角洞は中区北部に位置している法定洞である。前身は、日本統治時代である1914年大正3年)に行政区画の統廃合により誕生した「三角町」である[1]。日本統治終了後の1946年、日本色の払拭の一環として「町」が「洞」に改められ、「三角洞」となった[1]。名称は、区域の形状が西側は広く東側に行くほど狭くなっており、ちょうど三角形を形作っていることに由来している[2]

歴史[編集]

行政洞[編集]

三角洞の区域は、以下の行政洞の管轄区域内にある[3]

  • 明洞 (ミョンドン、명동

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]