増三和音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

増三和音(ぞうさんわおん)とは、和音の一種である。

概要[編集]

各言語での呼称[編集]

  • 英語: augmented triad (オーグメンテッド・トライアド)
    • 日本語ではオーギュメントと言われることも多いが、オーグメントのほうが実際の発音に近い。 また、稀に見るaugumentという表記は誤りである。
  • ドイツ語: übermäßiger Dreiklang( ユーバーメーシガー・ドライクラング)

構成音[編集]

  • 根音
  • 長三度(M3)
  • 増五度(aug5)

以上の3音から構成される三和音である。長三和音の5番目の音を半音あげて増5度としたため、不協和音扱いとなる。第五音と、根音の1オクターヴ上の音との間は減四度であるが、これは12平均律においては異名同音程である長三度に等しい。その結果、増三和音は1オクターヴ(=12半音)を3つの長三度(=4半音)で等分した形となる。

主な用法[編集]

一般的な用法としては、ハ長調の時(増三和音はC+で表す)、
C→C+→F
などの和音進行で用いる。

同じ和音が続いて和音進行に面白みが感じられない場合、クリシェとして次のように用いられる。たとえばハ長調において主和音 C が連続する場合、次のようなクリシェが用いられることがある。

ハ長調
C→C+→C6omit 5th→C+→C

ジャズでは、ドミナントコードとして7thなど、四和音以上が使われる。

The BeatlesAll My Lovingのサビの部分で

C#m→C+→E

のコード進行で、EとG#の音を変えずにC#→C→Bの遷移を用いることにより、間に不安定な増三和音をはさんで並行調のマイナーからメジャーに解決している。