城 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『城』初版(1926年)

』(しろ、Das Schloss)は、フランツ・カフカによる未完の長編小説1922年執筆。とある寒村の城に雇われた測量士Kが、しかしいつまで経っても城の中に入ることができずに翻弄される様子を描いている。生前は発表されず、死後1926年マックス・ブロートによって編集・公刊された。カフカの3つの長編小説『失踪者』『審判』『城』の中では最も成立時期が遅く、また最も長い作品である。

あらすじ[編集]

ある冬の晩、Kは雪深い村の宿屋にたどり着く。この村はヴェストヴェスト伯爵の城の所領であり、彼はこの城に雇われた測量士である。宿屋の酒場を借りて一夜を過ごしたKは、翌朝城を目指して歩いていくが、しかし城へ通じる道を見つけることができず、百姓家で一休みして宿屋に戻るともう日が暮れてしまう。宿屋の戸口には、その日道端で見かけた二人組の男が立っている。アルトゥールとイェーレミアスと名乗るその見知らぬ2人は、Kに追いついてきた彼の昔ながらの助手であるという。

助手たちの話によれば、許可がない限り城に入れてもらうことはできないらしい。そこでKは城の執事に電話をかけ、いつそちらに向かえばよいかと聞くと、永久に駄目だという返事が来る。そこに城からの使者だというバルバナスという男がやってきて、Kに手紙を渡す。その手紙は城の長官クラムからのもので、それによればKの直接の上官は村長であるという。Kは城に連れて行ってもらえるのではないかと期待してバルナバスと連れ立って宿を出るが、期待に反して彼がたどり着いた先はバルナバスの家であった。

Kはバルナバスの妹オルガに宿屋に連れて行ってもらう。しかしそこははじめにKが止まっていた「橋屋」ではなく、城の役人が泊まる「貴紳荘」であり、今まさにKの長官クラムが滞在しているという。Kはその酒場で給仕をしていたフリーダに一目惚れする。彼女はもと「橋屋」の女中であったがその後「貴紳荘」のホステスに出世し、今はクラムの愛人でもあるという。しかしKと彼女はカウンターの下で愛し合い、翌日連れ立って「橋屋」のKの部屋に移り住む。次の日、Kは「橋屋」の女将からフリーダに対する責任について詰め寄られる。

その後Kは助手2人を連れて村長のもとを訪ねるが、村長は現在、測量士を全く必要としていないという。Kは村長から城の行政機構の仕組みを長々と聞かされたのち、何の成果もなく宿屋に戻る。すると宿屋の2階に、Kが到着初日に道端で会った小学校教師が待っている。彼は村長の使いであり、Kに測量士として雇うことはできないが、学校の小使としてなら雇えるという伝言を伝える。Kは最初拒絶するが、フリーダからの提案で小使の仕事を引き受けることになる。・・・

成立[編集]

カフカは1922年1月から2月にかけて、現在ポーランドチェコの国境高地にあるシュピンドラーミューレのホテルに滞在しており、『城』はこのホテルでの滞在初日から書き始められた。それから3ヶ月ほどで半分あまりを執筆し、3月半ばにはマックス・ブロートに冒頭部分を語って聞かせている。しかし次第に行き詰るようになり、9月に最終的に放棄された。この間の6月、カフカは結核により勤めていた保険局を病気退職している。

作品は大判のノート6冊に書かれており、25の区切りのうち19に章名にあたるものが付いている。ブロートはこれを再構成し、20章のまとまった章にして出版した。カフカのほかの多くの草稿と同じくこの作品にも作品タイトルに当たるものがつけられておらず、ブロートはカフカが生前「城の物語」と表現していたことに基づいて『城』のタイトルをつけた。

翻案[編集]

1968年にドイツの映画監督Rudolf Noelteが映画化しており、この際主演をマクシミリアン・シェルが演じた。1991年にはミヒャエル・ハネケがテレビ映画として『カフカの「城」』を制作しており、1994年にはロシアのAleksei Balabanovが映画化している。またアリベルト・ライマン1992年にこの作品のオペラを作曲している。日本では2005年松本修の演出、田中哲司の主演により舞台化され、新国立劇場で上演された。

日本語訳[編集]

参考文献[編集]

  • 池内紀、若林恵 『カフカ事典』 三省堂、2003年
  • 池内紀 『カフカの書き方』 新潮社、2004年

外部リンク[編集]