国際親善展覧館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際親善展覧館、2010年10月8日

国際親善展覧館とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)平安北道香山郡妙香山にある朝鮮様式の展示館である。

概要[編集]

1978年8月に開館したもので、館内には世界各国から北朝鮮の金日成主席に対し贈答された品物が展示されている。北朝鮮は「朝鮮人民と世界平和愛好人民の親善・団結を象徴し、金日成主席に寄せる世界各国人民の敬意の念を集大成」した施設[1]であるとしている。

館内[編集]

展示館内は土足厳禁で、入館者は靴の上からカバーを履かされるほか、撮影も禁止されておりカメラビデオは入口で預ける事になる。展示品の多くは高価な商品はないが、展示品を北朝鮮郵政が切手で紹介したことがある。そのなかにはテリー伊藤1993年に出版した『お笑い北朝鮮』で紹介された、ニカラグアから送られた「酒器を載せた盆を持つワニの剥製」といった物もある。

引用[編集]

  1. ^ 内藤陽介『北朝鮮事典-切手で読み解く朝鮮民主主義人民共和国』竹内書店新社、2001年、124頁

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度01分02秒 東経126度12分54秒 / 北緯40.01722度 東経126.21500度 / 40.01722; 126.21500