国際流星機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際流星機構 (International Meteor Organization, IMO) は、アマチュア天文学者で組織する学術団体である[1][2]

概要[編集]

地球に向かって飛来する多くの小惑星流星などの天体観測、把握するための、多く観測者による国際的に協力体制の必要性が増していることから、1988年5月1日に発足した。様々な観測法で得られる天体の観測情報[3]が世界各国から「IMO」に集められ、流星群や、それと関連する彗星惑星間物質などに関する網羅的な研究を可能にしている。集められた情報はハンドブックおよび電子媒体にまとめられて発行されている[4]

ベルギーメヘレンに本部を置き、非営利団体として運営されている。会員は日本を含む全世界42カ国で224名である[5]。IMOは隔月で「WGN」という機関誌を発行しており、国際会議 (annual International Meteor Conference, IMC) を毎年9月に開催している。この年会はこれまではすべてヨーロッパで開催されている[6]

発足の経緯[編集]

IMOの発足以前からヨーロッパ(大陸側)には流星や隕石の観測を行う研究者で組織する「欧州流星観測連合」(Federation of European Meteor Astronomers, FEMA) があった。しかし観測データの増加にともない処理、解析の能力を増強する必要から、組織を拡大する必要に迫られた。そこで、それまでにも以下のようなミーティングが各地のYMCAで行われていたが、70余名のアマチュア研究者が集まって IMO を発足させることになった。

脚注[編集]

  1. ^ IMO による説明
  2. ^ IMOの加盟者に関する説明 特記すべき加盟資格はなく、3000〜4000円程度の年会費を支払い、住所、氏名などを登録すれば誰でも会員になれる。会員には機関誌 WGN が毎号送付される。
  3. ^ IMO による観測法ごとの報告の説明
  4. ^ IMO の出版紹介のページ
  5. ^ IMO の会員検索ページ(2012年4月19日現在)
  6. ^ IMO の年会のページ
  7. ^ The history of the IMC-tradition

外部リンク[編集]

関連項目[編集]