国際天文基準座標系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際天文基準座標系 (International Celestial Reference System、略号ICRS) は、国際天文学連合(IAU)に採用された現行の標準天球座標系で、その原点は太陽系重心にあり、その座標軸は空間に固定されている。ICRS座標は赤道座標とほとんど同じである。元期J2000.0でのICRSの平均位置による極は12時の方向へ17.3±0.2ミリ秒、18時の方向へ5.1±0.2ミリ秒にある。 J2000.0の平均分点への変換はICRSでの赤経を78±10ミリ秒、天の極を中心に回転させる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]