国家情報庁 (インドネシア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国家情報庁(こっかじょうほうちょう、インドネシア語 Badan Intelijen Negara)とは、インドネシア情報機関秘密警察。通称BIN

BINのロゴ

歴史[編集]

  • 1943年 日本軍インドネシアを占領した際、中野学校出身の軍人が現地で諜報訓練を行った。
  • 1945年 日本軍に訓練を受けたズルキフリ・ルビス大佐によって「権限庁」(Badan Istemewa)という組織が作られる。
  • 1946年 「インドネシア国家機密局」(BRANI)となる。
  • 1952年 「軍事情報部」(BISAP)となる。
  • 1959年 「中央情報庁」(BPI)となる。
  • 1966年 「国家情報司令部」(KIN)となる。
  • 1967年 「国家情報調整庁」(BAKIN)となる。
  • 2000年 「国家情報庁」(BIN)となる。
  • 2005年 バリ島爆弾テロ事件を受けて情報機関法が成立。権限が強化される。

組織[編集]

  • 長官
  • 副長官
  • 事務局
  • 対外情報局
  • 体内情報局
  • 経済局
  • 技術局
  • 防諜局
  • 分析局
  • イデオロギー局
  • 専門スタッフ
    • 政治スタッフ
    • 法律スタッフ
    • 社会文化スタッフ
    • 警備スタッフ
  • 地域事務所

長官[編集]

スタントのみ警察出身。他は陸軍の出身である。

参考文献[編集]