原始一神教説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

原始一神教説(げんしいっしんきょうせつ、Urmonotheismus、Primitive monotheism)とは、一神教の起源についての説の一つ。アンドリュー・ラングen:Andrew Lang)やヴィルヘルム・シュミットが唱えた。19世紀後半から20世紀前半にかけて宗教進化論と並ぶ候補となっていたが、現代ではそのままの形で説く研究者はいない。

シュミットは著書『神観念の起源』において、原始の人類は一神教徒であったと説き、その根拠として「原始的」な部族において至高神信仰が顕著にみられることをあげた。そこから文化が発達するに伴いそうした信仰が多神教に変化していった、と考えた。月本昭男はこうした論の運びに対し、未開社会と言われる場所に人類の古い生活スタイルが残っているという考えに同意できないと語り、文明のレベルを西洋文明を基準にはかる考え方は再考の求められているものとした。原始一神教説は宗教進化論とともに多くの問題点を抱えており、証明することもできないとしている[1]

レムナント・ミニストリー代表の久保有政は原始一神教説を肯定的に取り上げ、立証された事実として語っている[2][3]

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]