単項演算

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

単項演算とは、数学で、被作用子(オペランド)が一つだけであるような演算(つまり、入力が一つの演算)のこと。

たとえば、論理否定真理値に対する単項演算であり、自乗実数に対する単項演算である。階乗 n! も単項演算である。与えられた集合 S に対する単項演算は、関数 SS に他ならない。

単項演算は、プログラミング言語においても使われる(APLではmonadicという)。たとえば、C言語の系統では、以下の単項演算子がある。

  • インクリメント: ++x, x++
  • デクリメント: --x, x--
  • アドレス: &x
  • 間接演算: *x
  • 正の単項演算: +x
  • 負の単項演算: -x
  • 1の補数: ~x
  • 論理否定: !x
  • Sizeof: sizeof x
  • Sizeof: sizeof(型の名前)
  • 型変換:(型の名前)オペランド

なお、入力が一つという定義は概念上の意味はない。任意の個数の入力は、ある一つの複雑な構造の入力と考えてもよいからである。この考え方は、特に(関数型プログラミングの分野で応用される。

関連項目[編集]