北部州 (ナイジェリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北部州(ほくぶしゅう、: Northern Region)は、ナイジェリア北部に1954年から1967年まで置かれていたナイジェリア第一共和政における連邦構成州である。

北部はソコト帝国ヌペ王国英語版カネム・ボルヌ帝国の南西部など、ムスリムの優勢な地域で、北部ナイジェリア保護領英語版時代から間接統治が行われ、各地の首長が温存され、首都が置かれていなかった。ナイジェリア独立に先立ち、東部州西部州に合わせて自治政府が置かれ、州都はカドゥナとされた。初代首相にはソコトの世継王子であったアフマド・ベロ英語版が就任したが、1966年のクーデタで殺害された。1962年には住民投票の結果イギリス領北カメルーンの北部が北部州に併合された。

1966年のクーデタ後の1967年に12州制の導入が図られ、北部州はカノ州西部中央州ベヌエ=プラトー州英語版1976年ベヌエ州プラトー州に再分割)、北部中央州北東部州英語版1976年バウチ州ボルノ州ゴンゴラ州英語版に再分割)、北西部州英語版1976年ナイジャ州ソコト州に再分割)の6つに分割された。