剣と魔法のログレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
剣と魔法のログレス
ジャンル ファンタジー
ゲーム
ゲームジャンル MMORPG
開発元 Aiming
発売元 マーベラスAQL
プレイ人数 多人数プレイ
稼動時期 日本の旗2011年9月22日
レイティング 全年齢
テンプレート - ノート 

剣と魔法のログレス(けんとまほうのログレス)とは、Aimingによって開発され、マーベラスAQLによって運営されているMMORPG (オンラインゲーム) である[1]

概要[編集]

公式サイトからMoog IDでログイン、もしくはヤフーモバゲーから始めることができる。2011年9月22日にベータ版のサービスが開始し、同年10月5日に正式にサービスが開始された[2]

JAVAによって稼動しているブラウザゲームであるため、インストールの必要がなく、なおかつ同期で通常のMMORPGとして機能していることを持ち味として売っており、広告でも「これはもうブラウザゲームじゃない」と謳っている。

クエストをクリアし、レベルアップしていく戦闘系・探検系ゲームであるがクエストをクリアせずとも通常のフィールドでの狩りも可能であり、一般的なインストールが必要なMMORPGと変わりないプレイ感覚である。基本的には無料だが、有料のサービスを受けることで特定のアイテムを受け取ることができる。また季節ごとにそれに因んだ装備品が期間限定で実装され、これらも決まって有料サービスとなっているが、一度も装備しない状態でなら市場にて売り出すことが可能であり、期間終了した装備品についてはこれにより高額で購入する以外方法はない。

イラストは、うきが担当している。

職業なども自由に変更できる。2012年4月からは、MOOG IDやヤフーモバゲーIDでの登録の必要なしに、ハンゲームIDだけでもプレイできるようになった。

職業[編集]

攻撃方法に物理直接攻撃、物理間接攻撃、魔法攻撃があり、物理直接攻撃を使用すると敵キャラから反撃カウンターのスキル攻撃を受ける可能性がある。
現在システムでは全職にそれぞれの武器防具を装備する可能であり、他の職のステータスに影響を及ぼすことになる。
2013年2月28日のアップデートにより各職のバランス調整が行われた。
ノービス
キャラクター登録時最初の職業になっている。レベルは最大10まで、片手剣を武器とする。
クエスト以降、5つの職が選べるようになる。当初はゲーム内通貨による有料転職だったが、現在は無料にて転職が可能になった。
ファイター
物理直接攻撃を行い、両手剣や両手斧を武器とする。防御犠牲にして大幅に攻撃力を強化するスキルや強力な反撃を行うスキルを持っている。回復スキルが無く、強力な敵と戦う場合には速戦戦術か回復を行えるものの同行が必須である。物理直接攻撃方法しかないため、強力な反撃カウンタースキルを持つ敵との対決の場合、それを無効化できるスキルなどの利用も考えられる。
現在では火、水、土、風アニマを除くコンテンツにて若干人気が下火になっている。
ナイト
物理直接攻撃、魔法攻撃を行い、盾槍、盾剣を武器とする。HP物理防御が非常に高い。回復スキルや庇うスキル、物理防御強化、カウンターなどのスキルを持っている。カウンタースキルは敵の物理直接攻撃を無効化したうえで、ダメージ与えることが可能な強力なスキルである。盾槍、盾剣にもカウンターが付与される場合があり、味方をかばいつつカウンター攻撃の利用も考えられる。
現在もっとも不遇と思われていたが、最新のアップデートでバランス調整が行われた。また雪山フィールド、闇と光アニマでは多大な存在感を持つ。
レンジャー
物理間接攻撃、魔法攻撃を行い、弓を武器とする。異常属性付与攻撃、全体物理関節攻撃、一部風属性の魔法、回復スキル、敵反撃カウンター無効化スキルを持っている。攻撃力はファイター、マジシャンには劣るものの、麻痺毒睡眠を付与する攻撃で戦線の打開に影響を与えたりすることができる。
一時期、睡眠連鎖の攻撃が可能であったため最も人気のある職であった。現在は以前よりは人気は無くなったが、最も人気の職である。
プリースト
物理直接攻撃、魔法攻撃を行い、メイスを武器とする。数多くの回復魔法や支援魔法、光属性攻撃魔法を持っている。回復魔法、復活魔法はPT戦において必須となるシチュエーションも多い。
マジシャン
物理間接攻撃、魔法攻撃を行い、杖を武器とする。魔法攻撃と支援(能力増幅)魔法のスキルを持っている。同作では魔法攻撃は必中のようだ。今の所大器晩成型で、課金するか、装備をちゃんと整えるかで戦闘は厳しい。

用語[編集]

名声
ゲーム内の活躍度を表す数値。特定のクエストをクリアし、報酬受諾ボタンを押すと上がります。ハンターランク向上においては肝心な数値である。
ソロ
パーティを組まずに一人で冒険をこなす事。PTプレイを推している近作においては職業によって非常に難易度が変わる。
パーティ
同時にプレイしているプレイヤーと協力して冒険をこなす行為。近作ではパーティへ誘うほか、戦闘中の人物の助っ人として飛び込んだ際にも発生するシステムになっている。後衛職にとっては命綱となるシステム。
poro
ゲーム内の通貨。敵を倒したり、特定のクエストをクリアすると手に入り、武器を買ったりすると減ります。
GP
ギルドポイントの略称。ギルドコールをこなして入手するか、一部の特殊アイテムを交換することで増やすことが出来る。これでのみ購入できるアイテムもあり、各ギルドでそれらのアイテムを購入することができる。
コスト
同作にはMP(マジックポイント)やSP(スキルポイント)といったものではなく、時間によって溜まっていくゲージをコストとして消費してスキルを使うことが出来る。無論強力なスキルほど消費コストが高く、乱発は出来なくなっている。コストは最大5までためることが出来る。
ガチャ
特定のアイテムを手に入れることが出来るクジのようなものであり、現代におけるガチャポンマシーンのような形をしている。LPを消費するものが3種とGPを消費するものが一種あり、町などでいつでも引くことが出来る。
アニマ
アニマプロージョンというモンスターの大量発生の中心に存在するボスのようなもの、これらを退治していくのが本筋だが一度たおすと次に同じクエストを受けることも出来、その際に+1などと数字が高くなる。このモンスターの強さはこの数字に比例して強くなるが、討伐した際の報酬も同時に豪華なものになっていく。
おしゃれ装備
この世界では装備品の外見がそのままキャラクターの外見に適用されるものになるが、このおしゃれ装備に装備したものが外見に最優先されるため、どれだけ装備をかえても自分の気に入ったコーディネイトで歩き回ることが出来る。ただし、通常装備品と同じようにその職業が装備できるものに限られる。
☆(ほし)
モンスターのランクを示すものでレアモンスターなどによくついている。フィールドを出歩くモンスターの中にまれにこれらのついたモンスターがあらわれ、レベルはそのままだが非常に強力な強さを誇る。主に「レジェンド」「キング」「マスター」などの文字が最初につくことが多い。また特定の場所に出現する強力なモンスターにもこれらがつく場合もある。
英雄
かつての英雄達が英雄石というアイテムによって呼び出されたもの。エクステンションという能力によって英雄たちの技を使うことも可能である。エクステンション使用後に再度エクステンションを使うまでには多少の時間が必要である。

レベル[編集]

現在の所、Lv40までである。 ただし、転職していないノービスはLv10までである。

レベルアップするのに必要な経験値[編集]

敵を倒して手に入れた経験値(EXP)がある一定までたまるとレベルアップする。

Lv レベルアップに必要なEXP そのレベルに達するまでに必要なEXPの合計
1 120 0
2 200 120
3 400 320
4 680 720
5 1000 1400
6 1400 2400
7 1800 3800
8 2200 5600
9 2600 7800
10 3000 10400
11 3600 13400
12 4200 17000
13 4800 21200
14 5400 26000
15 6000 31400
16 6600 37400
17 7200 44000
18 7800 51200
19 9400 59000
20 10000 68400
21 12400 78400
22 14800 90800
23 17200 105600
24 19600 122800
25 22000 142400
26 24400 164400
27 26800 188800
28 29200 215600
29 31600 244800
30 48000 276400
31 72000 324400
32 108000 396400
33 162000 504400
34 243000 666400
35 364500 909400
36 550000 1273900
37 750000 1823900
38 980000 2573900
39 1230000 3553900
40 4783900

注意:ノービスはレベル10でレベルアップに必要な経験値を満たしてもレベルアップしない。

主な場所[編集]

ワールドマップに表示されている場所について説明する。モンスター出現地には昼と夜があるが、場所そのものが違うと言ってもよい。出現するモンスターも違うし、一日中居ても昼は昼、夜は夜である。一般に、昼より夜の方が敵が強い。

グランヴェルレー城[編集]

ゲームの出発地。モンスターはいない。

城下町
クエストボードや、武器・防具の売買など、重要なことができる場所。
大工房
武器・防具を合成して強化したり、コアを取り付けたりできる。

クエスト「大工房で合成しよう」をクリアすると立ち入りが許可される。

コーディネートルーム

アバターを変更することができる。 クエスト 「コーディネートをしてみよう」を受諾することで開放される

シルベリー・ガレリア・グリュネ本部
ギルドの本部
女王の間
アニマのクエストを受諾し、ミドと会話すると立ち入れる。

キルギム草原[編集]

最初に立ち入りが許可されるモンスター出現地。敵は弱く、川や湖などが多い。レベルが16くらいまでの場合、ガダルーク山岳地帯で強敵を倒すよりも、ここで3体の敵と1人で戦う方が効率的にレベルアップできる。

ガダルーク山岳地帯[編集]

登山道、渓谷の砦、翼獣の巣、秘境へ続く道で構成されている。 また、夜のエリアでは秘境エリアが実装された。 岩が多く、敵もそこそこ強い。

エルネの森[編集]

迷いの陰樹林、メヌール湿地、木の葉絨毯、世界樹の園で構成されるマップ。
世界樹の園の最深部では昼と夜マップそれぞれに固定ボスが配置されている。
2012年7月において世界樹最深部付近の敵ユニットが最大レベルになっている。

ルムムト砂漠[編集]

カマディク砂丘、リラブラ谷、ウンデア洞窟、ボエナケプールによって構成されるマップ。
ボエナケプールの最深部には昼と夜のそれぞれに固定ボスが存在する。
2012年7月現在では多くのプレイヤーが装飾狩りと呼ばれる、狩りを行っている。

ウェザニス大雪山[編集]

2012年8月2日に実装
2012年7月26日に公式ページより今後のアップデート予定であるRoadMapの中で発表された。


サービス提供運営ゲームサイト[編集]