今井博幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

今井 博幸(いまいひろゆき、1970年3月12日 - )は日本長野県信濃町出身の元クロスカントリースキー選手。指導者。1990年代から2000年代前半にかけて国内外で活躍した。

略歴[編集]

8歳でスキーを始め、長野県長野吉田高等学校時代までは陸上とスキーを掛け持ちしていた[1]。その後中央大学に進学、卒業後はNTT東日本長野に所属した[2]

冬季オリンピックには、1992年のアルベールビルオリンピックから4大会連続出場、1998年地元開催の長野オリンピックではリレーで日本クロスカントリースキー史上初の入賞(7位)に貢献した[3]。 2002年のソルトレイクシティオリンピックでは50kmクラシカルで日本人選手史上最高の6位入賞を果たした[3]。このレースでは当初クロスカントリー個人種目史上最高位の7位でフィニッシュしたが、競技後1番目にゴールしたヨハン・ミューレッグ(スペイン)がドーピング違反で金メダル剥奪となり6位に繰り上がった。

ノルディックスキー世界選手権には1993年から6大会連続出場、2003年ノルディックスキー世界選手権では50kmフリーで男子長距離史上最高位となる9位となった。

国内では全日本選手権で3年連続4冠となるなど個人通算25勝(歴代2位)を記録した。

2006年のトリノオリンピック代表からは外れてオリンピック5大会連続出場はならなかった[4]。2005-06年シーズン終了後、現役を引退した[3]

主な成績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]