五島純玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
五島純玄
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永禄5年(1562年
死没 文禄3年7月28日1594年9月12日
別名 次郎(通称)、修理大夫、大和守
墓所 長崎県五島市大円寺町の大円寺
官位 従五位下、若狭
主君 豊臣秀吉
氏族 宇久氏五島氏
父母 父:宇久純尭
兄弟 純玄、細御寮(宇久盛長室)
正室:松浦鎮信の養女西郷純尚の娘)

五島 純玄(ごとう すみはる)は、戦国時代から安土桃山時代武将大名)。宇久純尭の長男。宇久氏第20代当主。

はじめ宇久氏を称した。天正15年(1587年)に家督を継ぐと豊臣秀吉に臣従して九州平定に協力したため、所領を安堵された。

文禄元年(1592年)から始まった文禄の役に参加し渡海、この前後に名字を宇久から五島に改める。出陣中の文禄3年(1594年)、天然痘にかかって死去した。家督は叔父の大浜玄雅が相続した。

関連項目[編集]