五島純玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
五島純玄
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永禄5年(1562年
死没 文禄3年7月28日1594年9月12日
改名 宇久次郎純玄→五島次郎純玄
別名 次郎(通称)、修理大夫、大和守
戒名 峯源師大居士
霊名 ドン・ルイス[1]
墓所 長崎県五島市大円寺町の大円寺
官位 従五位下、若狭守、大和守
主君 豊臣秀吉
氏族 宇久氏五島氏
父母 父/養父:宇久純尭
兄弟 純玄、細御寮(宇久盛長室)
正室:松浦鎮信の養女(西郷純尚の娘)

五島 純玄(ごとう すみはる)は、戦国時代から安土桃山時代大名。初めは宇久次郎純玄を名乗り、宇久氏第20代当主、五島氏の初代。

略歴[編集]

宇久純尭の子と言われるが、純尭の庶子あるいは、純尭の父宇久純定の長男[2]の遺児(つまり甥)とも言う。宇久家は純定が時代からキリスト教を受け入れ、純玄も洗礼を受けて洗礼名はルイス[3]

天正15年(1587年)に家督を継ぐと五島列島を平定。豊臣秀吉九州平定の時に帰服して協力したため、五島1万2千6百石の所領を安堵された。

同年のバテレン追放令に際して、宇久家の実権を持っていた大叔父宇久盛重宇久盛長の父)が領内でキリシタン迫害を始めたために家臣団の一部(大浜玄雅ら)が長崎に亡命するなど、宗門問題で対立があった。

文禄元年(1592年)から始まった文禄の役に参加することになったことから、これを期して名字を宇久から五島に改名した。また大和中納言(豊臣秀保)を憚って、官位の名乗りも若狭守に改めた。

朝鮮の役では、長崎から戻った叔父大浜玄雅らと共に出陣し、兵700・軍船17艘・属船8艘で渡海した五島勢は、小西行長の一番隊に属して活躍したが、翌文禄3年(1594年)7月の休戦交渉中、純玄は疱瘡(天然痘)にかかって、看病の甲斐なく死去した。

享年33。子がなく、協議した結果、宇久盛長の子を養子とする条件で、家督は叔父の五島玄雅(大浜玄雅)が相続して、彼が福江藩藩祖となった。

その後、純玄の遺体は酒に漬けられて五島に運ばれ、福江大円寺に葬られた。また鎌倉時代の先祖である宇久五島家5代の宇久競と共に始祖城山大権現に併祀され、城山神社の三柱神としても祀られている。

なお、純玄の夫人は、遺体が漬けられた酒を三杯し、暇をもらって平戸の実家に帰ったと言われる。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ルイス・デ・グスマン著・新井トシ/訳『グスマン東方伝道史 下巻 』養徳社、p.823
  2. ^ 氏名不詳。宇久民部。
  3. ^ 宇久純定と同じ。

参考文献[編集]