二重音字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

二重音字(にじゅうおんじ)または二重字(にじゅうじ)とは、アルファベット2字を組み合わせることで、それぞれの字が持っていなかった新たな音を示すことである。しばしば、二重音字によってのみ表記可能な発音(音素)がある。同じ字を2つ重ねたとき、1字の場合と発音が変わらない場合、発音が長くないし強くなる場合、発音が変化する場合(無声化など)がある。ヨーロッパでは特に西欧の言語に多く見られ、スラヴ系言語ではあまり見られない。

英語[編集]

  • 子音の二重音字の例
    • ch - change /ʧ/(IPA) = /tS/(X-SAMPA), character /k/
    • gh - laugh /f/, night (黙字;母音を長音・二重化)
    • ph - symphony /f/
    • sh - fish [ʃ] = [S]
    • th - thing [θ] = [T], that [ð] = [D]
  • 母音の二重音字の例
    • ai - gain /eɪ/
    • au - August [ɔː] = [O:], aunt [æ] = [{], [ɑː] = [A:]
    • aw - law [ɔː] = [O:]
    • ea - sea /iː/, spread /e/
    • ee - sheet /iː/
    • ei - receive /iː/, beige /eɪ/, height /ai/
    • eu - euphonium /juː/
    • ie - pie /aɪ/, piece /iː/
    • oa - oak /oʊ/
    • oo - book /ʊ/, school /uː/
    • ou - out /aʊ/, ought [ɔː] = [O:], mysterious [ə] = [@] you /uː/, young [ʌ] = [V], soul /oʊ/
    • ow - bowl /əʊ/, bower /aʊ/

ドイツ語[編集]

  • 子音の二重音字の例
    • ch - Bach /x/, Bächlein [ç] = [C]; Chor /k/(ギリシア系の語で)
    • ck - (kと同じ発音である)
    • ng - langsam /{{{1}}}/
    • ph - Symphonie /f/(ギリシア系の語で)
    • sp - spazieren [ʃp] = [Sp](形態素頭位で); Hospital /sp/(その他の位置で)
    • st - Stadt [ʃt] = [St], Kiste /st/(同上)
  • 母音の二重音字の例
    • ei - ein /aɪ/
    • eu, äu - euch [ɔy] = [Oy], Häuser [ɔy] = [Oy]
    • ie - Sie /iː/

フランス語[編集]

  • 子音の二重音字の例
    • ch - chien [ʃ] = [S]
    • gn - seigneur [ɲ] = [J]
  • 母音、半母音の二重音字の例。なお /e-ɛ/ や /ø-œ/ などは同音節内に後続子音があるときは開口音、ないときは閉口音となる。
    • au - au /o/
    • ai - air [ɛ] = [E]
    • ay - ayant [ɛj] = [Ej]
    • ei - Eiffel [ɛ] = [E]
    • ey - meyage [ɛj] = [Ej]
    • eu - Europe [ø] = [2]
    • oi - toi /wa/
    • oy - voyage /waj/、Troyes /wa/(語尾若しくは語尾に近い場合)
    • œu - œuvre [œ] = [9]
    • ou - /u/, oui /w/

[u] 音および [w] 音を ou の2字で表す手法は、アラビア語のローマ字表記や、アフリカなどのフランス語通用圏における地名や人名の表記などにも、広く使われている。 例として、Ouagadougou (ワガドゥグー)など。

その他[編集]

その他、西欧語の常識からは二重音字と見えにくいが、以下のような例も二重音字の例である。 これらはいずれも、西欧語には存在しない、ラテン文字1字では表現することが難しい音を、苦肉の策的に2字の組み字でなんとか表現しようとしたもので、本来は1字ずつに分けて発音することはできないものである。英語の shsh に分けては発音できないのによく似ている。

  • ベトナム語tr
    元来は、そり舌で発音する t 音[ʈ]。→ 無声そり舌破裂音)を表現するために考案された組み字であった。なお、クォック・グー(ベトナムの正書法)でこの綴りが定められたのは17世紀のことだったが、その後音韻の変化があり、現代のベトナム標準語では英語の ch に近い音になっている。たとえばベトナム人の姓 Trần (漢字では「陳」)は、欧米や日本語では「トラン」という音と間違われることもあるが、( → 例: トラン・ヌー・イエン・ケー)本来の音は「チャン」または「チュン」、英語風に書けば chun のような音に近く、tran とか trun のように聞こえることは全くない。
    また逆にベトナム人が、英語の trainや treeを「チェイン」「チー」と発音してしまうことが頻繁にある。
  • ナワトル語tl
    特殊な破擦音であり、音標記号では [tɬ] などと書かれるが、ナワトル語の中では単一の音素を構成している。「ナワ“トル”」というように語末に立つことが多く、日本語では通常「トル」と書かれるが、本来の音は仮名にするのも難しい、なんとも不思議な音。
  • 朝鮮語のローマ字表記eoeuui など
    朝鮮語の母音は表のように整然としている。いずれも単一の音素として扱われるべきもので、音声的に見ても多くは単純な単母音だが、ラテン文字の表記慣行とは折り合いがよくなく、ローマ字表記はやや混沌としてしまっている。 表は、近年の主流になっている文化観光部2000年式によるもの。
後舌母音字 a eo o u eu
前舌母音字 (後舌母音字に“”のついた形) i ae e oe wi ui

関連項目[編集]