亀ヶ谷坂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
亀ヶ谷坂の北鎌倉側(山ノ内)登り口
県道21号(鎌倉街道)長寿寺門前にある。
鎌倉側(扇ガ谷)

亀ヶ谷坂 (かめがやつさか)は鎌倉七口のひとつ。現在の鎌倉市山ノ内から扇ガ谷を結ぶ坂道。別名、亀返坂(急坂のため亀も引き返した、ひっくり返った)と。

江戸時代初期の『玉舟和尚鎌倉記』では「亀ヶ井坂」、水戸光圀が命じて編纂させた1685年の『新編鎌倉志』以降は「亀ヶ谷坂」と書かれている。

ただし、鎌倉時代にこの位置に道があった確実な証拠はない。一般に流布している1240年北条泰時が開削したとの節は、吾妻鏡の1240年 (仁治元年)10月10日および19日の条に依拠しているが、そこに書かれているのは「山内の道路を造らるべきの由その沙汰有り」であり、道筋はここ亀ヶ谷坂、そして巨福呂坂のどちらもが考えられる。また『鎌倉市史(総説編)』の高柳光寿は現在の横須賀線の西側の谷、を越えたのではないかとの説も控え目ながら出している。そのどちらかはともかく、遅くとも鎌倉時代後期までには、現在の位置に道(切通し)があった状況証拠を確認することができる。

1969年(昭和44年)6月5日、国の史跡に指定された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度19分49秒 東経139度33分0.6秒 / 北緯35.33028度 東経139.550167度 / 35.33028; 139.550167