出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(どんぶり)は、日本などで丼物麺類など)に使用する、厚手で深さのある陶器または磁器などの食器の略称[1]丼鉢 (どんぶりばち)の事。

丼は、井戸の中に落ちた物が水面で発するに由来し、漢字の『』も井戸に物を投げ込む様子を現すと言われている。

職人などが着用する腹掛けの、前部につけた物入れのことも指す。「丼勘定」の言葉は、これに由来する。

後年には他の素材でも作られる事もある。「丼」という名称を使用する料理やその器。丼鉢に飯を盛り、その上に具を乗せた料理である丼物を示す。また、丼鉢に飯を盛った丼飯(どんぶりめし)(例:「これがおかずであれば、丼3杯はいける」)。料理名では「丼」一文字で「どん」と読むことがある(例えば、 天ぷら丼(てんぷらどんぶり)を略して「天丼(てんどん)」など)が、それ以外では「丼」のみで「どん」とは読まない。しかし固有名詞では例外がある。

「おかずであれば」の表現であり丼は丼飯のことをさし、丼鉢に盛った麺類や丼物は意図されない。同じという言葉を使うが、ご飯をよそう際に使う丼、丼物 (下記参照) の際に使う丼、類を盛る際の丼は以下のとおり異なる。

  • ご飯をよそう際に使う丼は、茶碗よりは大きく、お椀を大きくしたような形である。
  • 丼物の際に使う丼は、器本体のほかに蓋がついていることが多い。
  • 麺類を盛る際の丼は、茶碗を大きくしたような形である場合も、お椀を大きくしたような形である場合もある。特にラーメンに使われるものは雷紋(四角形の渦巻き模様)など中国的な絵柄がついている場合がある。蓋はない。

脚注[編集]

関連項目[編集]