中央監視装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中央監視装置(ちゅうおうかんしそうち、Central monitor device)は、散在する監視対象の情報を一元的に管理する装置である。

中央監視装置が把握する情報は、監視対象に取り付けられたセンサによって発信され、伝送路を通して集められる。集められた情報は人が認識しやすいように処理される。さらには、制御信号の発信、情報の蓄積、異常時の警報発信や外部への通報などの機能も果たす。センサや伝送路等を含めた監視や制御に関わる設備全体を、中央監視システム(Central monitor system)、または、中央管制システム(Central control system)などと呼んだりする。

高層ビルの管理に利用される中央監視装置やシステムは、ビルコンピュータ(ビルコン)、あるいは、ビルオートメーションシステム(BAS または BA)とも呼ばれ、室内環境や省エネルギーの管理に欠かせないものとなっている。

中央監視装置の機能[編集]

高層ビル[編集]

プラント[編集]

  • 温度監視、制御
  • 圧力監視、制御
  • 流量監視、制御
  • 容量監視、制御
  • 熱量監視、制御

空港[編集]

鉄道[編集]

通信[編集]

上下水道[編集]

  • ポンプ運転状況の監視、制御
  • 水量の監視、制御 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]