中央ビコール語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中央ビコール語
Bikol Sentral
話される国 フィリピンの旗 フィリピン
地域 ビコル地方
母語話者数 250万人(1990年調査)
言語系統
オーストロネシア語族
表記体系 ラテン文字;
歴史的にはバイバインも使用された。
公的地位
公用語 フィリピンの地域言語
統制機関 Commission on the Filipino Language
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 bcl
テンプレートを表示

中央ビコール語(ちゅうおうビコールご、中央ビコール語: Bikol Sentral、: Central Bikol language)はオーストロネシア語族に属する言語である。ルソン島南部のビコル地方で最も話されている言語である。話者は南カマリネス州北部および西部、北カマリネス州南東部、アルバイ州東部、ソルソゴン州北東部、マスバテ州サン・パスクアル英語版ブリアス島)、カタンドゥアネス州南西部(カタンドゥアネス島)に分布する。

言語名別称[編集]

  • ビコル語、ビコール語(Bikol)
  • 中央ビコラノ語(Central Bicolano)
  • 北ビコール語
  • 標準ビコール語
  • ビコール・ナガ語

方言[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]