上後鋸筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上後鋸筋
Posterior superior serratus muscle.jpg
中央に見えるフィルム状の繊維が上後鋸筋
ラテン語 musculus serratus posterior superior
英語 Serratus posterior superior muscle
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
頸椎および胸椎棘突起C7からT3
肋骨(第2から第5)
肋間神経(第2から第5)
作用 肋骨を持ち上げて、呼吸を助ける
テンプレートを表示

上後鋸筋(じょうこうきょきん)は、棘肋筋のうち、菱形筋の深層に位置する薄い筋肉である。頸椎および胸椎の棘突起を起始とし、外側下方に向かって走り、肋骨に付着する。

肋骨を上方へと引く作用がある。

肩こりがこの筋まで入り込むと、難治性となりやすい。


画像[編集]


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]