三教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三教(さんきょう)とは、中国において、儒教仏教道教の三つの宗教を指して言う用語。

廃仏事件のあった北周の時期より、使われ始める。

廃仏を断行した武帝は、その廃仏断行前から、三教談論を数次にわたって開催して、その優劣を、儒者・僧侶・道士に討議させていた。

この三教談論の慣習は、にまで受け継がれ、形式化したものではあったが、宮中で行われる風が受け継がれた。

また、北周の廃仏に関与した衛元嵩には、『斉三教論』7巻の著作があったことが、『旧唐書』「経籍志」と『新唐書』「芸文志」の子部・道家類に著録されている。但し、既に散佚しており、その逸文も見られないことから、その内容を知ることは出来ない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 常盤大定著『支那に於ける佛教と儒教道教』(1930年)
  • 久保田量遠『支那儒道仏三教史論』(1931年)

外部リンク[編集]