ヴェロニカ・ゲリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェロニカ・ゲリン

ヴェロニカ・ゲリン(Veronica Guerin, 1959年7月5日 - 1996年6月26日)は、犯罪組織を相手に戦って殺害されたアイルランドジャーナリストである。

ヴェロニカ・ゲリンはダブリンに生まれ、『サンデー・インディペンデント』紙の女性記者として活躍した。麻薬組織について調査し、ボスのジョン・ギリガン(John Gilligan)にも会うなど、非常に精力的な取材活動を行った。多くの脅しを受け、銃撃されてもなお紙面を通して奮闘しつづけたが、1996年6月26日にダブリン郊外の交差点で信号待ちをしている間に、組織の者によって至近距離から6発の弾丸を撃たれて死亡した。

彼女の死によって麻薬撲滅の機運が高まり、アイルランド議会憲法を改正し、大規模な捜査が行われた。その結果、150人以上が逮捕され、組織の資産も没収された。別件でイギリスに捕らえられていたギリガンも、2000年2月3日にアイルランドに送還された。

映画化[編集]

ゲリンをモデルにした映画も作られている。