ヴィルヘルム・ルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヘルム・ルートヴィヒ

ヴィルヘルム・ルートヴィヒWilhelm Ludwig, 1647年1月7日 - 1677年6月23日)は、ヴュルテンベルク(在位:1674年 - 1677年)。エーバーハルト3世とその最初の妃であったアンナ・カタリーナ1614年 - 1655年)の息子。

1647年1月7日、エーバーハルト3世とアンナ・カタリーナの第9子としてシュトゥットガルトで生まれた。1673年11月6日ダルムシュタットヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ6世の娘マグダレーナ・ジビュラ1652年 - 1712年)と結婚し、彼女との間にエーバーハルト・ルートヴィヒマグダレーネ・ヴィルヘルミーネ1677年 - 1742年バーデン=ドゥルラハ辺境伯カール3世ヴィルヘルム妃)らをもうけた。

1674年、父の死去によって公位に即くが、僅か3年後にヒルザウバーデン=ヴュルテンベルク州)で急死。息子のエーバーハルト・ルートヴィヒが後を嗣いだ。

先代:
エーバーハルト3世
ヴュルテンベルク
1674年 - 1677年
次代:
エーバーハルト・ルートヴィヒ