ヴィクトル・クレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
ヴィクトル・クレス
Виктор Мельхиорович Кресс
Kress Interfax.JPG
ヴィクトル・クレス(2008年11月24日撮影)
生年月日 1948年11月16日(65歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシア共和国コストロマ州パリキノ地区、ウラソフ=ドヴォリン村
出身校 ノヴォシビルスク農業大学
前職 農業技師、農業学者
現職 ロシア連邦議会上院連邦院(連邦会議)代議員
所属政党 ソ連共産党統一ロシア
称号 経済学博士候補、勲2等祖国功労章、勲3等祖国功労章、勲4等祖国功労章、ロシア外務省国際貢献徽章、聖ダニイル勲章、聖セルギイ・ラドネジスキー勲章

ロシアの旗 ロシア連邦議会上院連邦院(連邦会議)代議員
任期 1996年-2002年
2012年 -

任期 1995年12月22日 - 2013年3月17日
テンプレートを表示

ヴィクトル・メルキオロヴィチ・クレスロシア語: Виктор Мельхиорович Кресс、ラテン文字転写の例:Viktor Melkiorovich Kress1948年11月16日 - )は、ロシア政治家ロシア連邦議会上院連邦院(連邦会議)代議員。1991年から2012年まで、トムスク州行政長官、知事を務めた。コストロマ州出身。両親はドイツ系

経歴・人物[編集]

1971年ノヴォシビルスク農業大学を卒業する。1987年ソ連共産党ペルヴォマイスコエ地区第一書記1990年トムスク州ソビエト議長に選出される。1991年ソ連崩壊後、ボリス・エリツィン大統領によってトムスク州行政長官に任命され、1995年には知事選挙に当選して、以後1999年2003年2007年まで四選されて、在任は17年に及んでいる。2004年統一ロシアに入党した。

2012年3月17日ロシア連邦議会上院連邦院(連邦会議)代議員、トムスク州選出連邦議会連邦院代表に選出される[1]

著書[編集]

クレスには以下の著作がある。

  • «Томская область: сегодня и завтра» (1997)
  • «Трудное время России. Взгляд из провинции» (1998)
  • «Томская область на перекрестке столетий» (1999)
  • «Томская область. Начало XXI века» (2002)
  • «Прямые ответы на сложные вопросы» (2003)

脚注[編集]

  1. ^ Экс-губернатор Томской области назначен сенатором

外部リンク[編集]

先代:
初代
トムスク州知事
1995年 - 2012年
次代:
セルゲイ・ジワチキン
先代:
オレグ・クシェレフスキー(トムスク州人民代議員大会幹部会議長)
トムスク州行政長官
1991年 - 1995年
次代:
知事に変更