ワイナ・ポトシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイナ・ポトシ
HaynaPotosi.JPG
ワイナ・ポトシ(2001年12月撮影)
標高 6,088 m
所在地 ボリビアの旗 ボリビア ラパス県
位置 南緯16度15分45秒
西経68度09分13.5秒
座標: 南緯16度15分45秒 西経68度09分13.5秒
山系 アンデス山脈レアル山群
初登頂 Rudolf Dienst, Adolf Schulze(1919年
ワイナ・ポトシの位置(ボリビア内)
ワイナ・ポトシ
ワイナ・ポトシ
ワイナ・ポトシの位置(ボリビア
テンプレートを表示

ワイナ・ポトシ西: Huayna Potosí)は、ボリビアアンデスレアル山群英語版にある山である。標高6,088m

ボリビアの事実上の首都ラパスの真北、約20kmに位置する。しかし、ラパスの中心街は谷底であるため、斜面の陰に入ってしまい、直接に見ることはできない。ラパスから谷間を登り切った平原に位置するエル・アルト(国際空港のある近郊都市)からは、すぐ目の前にこの山を見ることができる。

エル・アルト方向から見ると、万年雪を抱いてピラミッド状の整った山容が美しい。尾根伝いに左側にマリア・ロカ山(西: Cerro Maria Lloca, 5,222m)とサルトゥニ山(西: Cerro Saltuni, 5,284m)を、右側にミリュニ峰(西: Cerro Pico Milluni, 5,483m)を従えている。 南側山麓には、エル・アルトより海抜5,000mを越える地点まで、ウガルデ・オルフォソ通り(西: Avenida Alfoso Ugarte)が延びている。

名前はケチュア語で「若い丘」という意味である。ポトシはボリビアの街の名前だが、この山の近くにあるわけではなく、600kmほど南方に位置している。