ローラ・フィジィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローラ・フィジィ(Laura Fygi、1955年8月27日 - )はアムステルダム生まれのオランダの女性シンガー。

来歴[編集]

幼少期の8年間は、オランダ人の父親(フィリップス社勤務)の海外派遣勤務に伴い、南アメリカウルグァイでエジプト人の母親(元・ベリーダンサー)との間で、ラテン音楽やジャズに親しんで育った。

オランダ帰国後に芸能界入りし、20歳(1975年)で「Terra」という名の多国籍グループでプロ生活の第一歩を踏む。29-36歳(1984-1991年)には、オランダ発の3人組女性ユニットのポップス・バンド「Centerfold」のメンバーとなり、挑発的なコスチュームで歌う彼女らは、ヒット曲『Dictator』などによってヨーロッパ各国での人気を得た。ユニット解散の後、もうひとりのメンバー、ローワン・ムーアとで「The Backlot」というユニットで活動を始めるが、パラディソ(Paradiso)劇場での一回だけのパフォーマンスだけで、ローラはすでにマーキュリー・レコードからのソロ・デビューを提示されていた。

1991年、ルード・ジャコブス(Ruud Jacobs)によってプロデュースされたこのファースト・ソロアルバム『Introducing "Laura Fygi"』は先ずヨーロッパでブレーク、グラミー賞にも相当する自国の「Dutch Edison Award」を受賞、アメリカでのポピュラーなジャズ人気にも達し、ヴァーヴを通じて世界各国でリリースされる。ソフトでハスキーな歌唱は、ベルギー出身のジャズ・ハーモニカの巨匠トゥーツ・シールマンスクラーク・テリージョニー・グリフィンらの一流ミュージシャンに支えられ、重厚なストリングスによってフィーチュアされて、『Bewitched』の名で再プレス(1993年)されたデビュー作はビルボード誌においても数週間に亘ってジャズ・ヒットチャートを飾った。

その後、ミシェル・ルグラン等との協演や、レコーディングにおいてはスタンダード・ナンバーからシャンソン、ラテンの名曲まで、英語・仏語・スペイン語・ポルトガル語・中国語などでカヴァーし、20年間に15枚のアルバムを発表、30を超える国でリリースされている。

ディスコグラフィ[編集]

  • Introducing (1991)
  • Bewitched (1993)
  • The Lady Wants to Know (1994)
  • Turn Out the Lamplight (1995)
  • Watch What Happens (meets Michel Legrand) (1997)
  • Dream your dream (1998) : released in Japan only
  • Live (1998)
  • Laura Fygi's tunes of passion (1999) : special release for Jaguar Nederland
  • The Latin Touch (2000)
  • Change (2001)
  • Live at Ronnie Scott's (2003)
  • The Very Best Time of Year (2004)
  • Rendez-vous (2007)
  • Songs from Movies & Musicals (2009)
  • The Best is Yet to Come (2011)

外部リンク[編集]