ローマガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローマガラスとは、ローマ帝政開始(B.C.27年)から帝国の東西分裂(395年)までの約5世紀間に、ローマ帝国内で製造・流通したガラス製品の総称である。「ローマングラス」とも呼ばれる。

時代背景[編集]

紀元前4世紀より着実に領土を拡大してきたローマは、三頭政治を経てついに紀元前27年、帝政の時代に入った。ヘレニズム時代の主要なガラス産地であるシリアエジプトは、紀元前1世紀にローマ帝国の支配下に相次いで入った。ローマガラスはローマ帝国という基盤の上に発展したと言える。

技術革新[編集]

吹き技法の発明[編集]

紀元前1世紀半ばに、吹き技法が東地中海沿岸部で発明され、急速に帝国内に広まった。これは当時としては画期的な技術であり、従来のように鋳型や仕上げの研磨が必要でないため、ガラス製造の効率を著しく高めた。

その他の技術革新[編集]

広い意味では吹き技法の1つであるが、1世紀初頭には型に吹き込む型吹きの技法が開発された。型に吹き込むことで、成形と装飾が同時になされる。溶けたガラスを型に流し込んで成形する「鋳造技法」や、「型押し垂下技法」などもこの時期に発達した。

装飾・デザイン[編集]

ヘレニズム時代の影響として、モザイク技法による装飾、エジプトやギリシアの宗教的なモチーフが挙げられる。一方で新たに、「鋳造技法」や「型押し垂下技法」を利用して、エメラルドグリーン、ペルシアンブルー、ピーコックブルーなどのカラフルな色の容器、特に竜骨状の器が生産された。ローマ人の好んだモチーフとして他には、鳥が挙げられる。

青地に白地のガラスを被せて(きせて)白地の部分を浮き彫り彫刻にした、「カメオ・ガラス」も生産された。これは高級品であった。

シドン近辺では、銘を入れたガラス器が生産された。銘は、製作者名や標語など様々であった。

ガリア(フランス)やゲルマニア(ドイツ)などでは、戦車競技(注:戦車と言っても、現代の戦車とは大きく異なり、馬車の仲間)や剣闘士の試合を描いた「サーカス杯」と呼ばれるものが1世紀後半から出現した。

吹き技法の開発に伴い、宙吹きの途中で凹凸のある型を使って紋を施し、さらに膨らませるという方法による「モール装飾」が多用された。また、透明ガラスの普及に伴い、粉状の色ガラスを水や油に溶かして容器に彩色する技法や、エナメル彩色やコールド・ペインティングも盛んになった。

ポンペイ遺跡に見るローマガラス[編集]

ポンペイ遺跡からは2通りの方法でローマガラスを知ることができる。1つはもちろんガラスの出土品であるが、もう1つは壁画に描かれたガラス器である。ポンペイからのガラス器出土は、東西に走るフォルトゥーナ通りだけでも壷250点、コップ30点、皿4点、大型コップ6点に及ぶ。高級品も日用品もある。壁画の方では、果物が盛られた椀やゴブレット、液体が入ったスキフォス(両取っ手付の杯)や壷を見ることができる。

コストダウンと日用品ガラスの登場[編集]

この時期、吹き技法による大量生産の影響で、ガラス製品の価格は大幅に低下した。そのため、日用品としてのガラス器が新たに発生した。一方で従来どおり高級品も存在し続けた。

透明ガラス[編集]

現代ではガラスは透明なものがほとんどであるが、ローマガラスより前では、むしろ不透明なガラスが中心であった。しかし1世紀の末から、透明なものが好まれるようになってきた。光を通すことという、現代では当たり前のガラスの性質が、ガラスの特長として定着したことを示している。

参考文献[編集]

「世界ガラス工芸史」中山公男監修、美術出版社、2000年

関連項目[編集]