ロラ・フローレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロラ・フローレス
故郷ヘレス・デ・ラ・フロンテーラにある彼女のモニュメント}
故郷ヘレス・デ・ラ・フロンテーラにある彼女のモニュメント
基本情報
出生名 María de los Dolores Flores Ruiz
別名 La Faraona
出生 1923年1月21日
スペインヘレス・デ・ラ・フロンテーラ
死没 1995年5月16日(72歳)
スペインマドリード
ジャンル アンダルシア民謡
職業 歌手
活動期間 1939 – 1994

{{{Influences}}}

ロラ・フローレス (Lola Flores、本名、María de los Dolores Flores Ruiz、1923年1月21日 – 1995年5月16日)はロマの血を引くスペインの歌手・ダンサー・俳優。

人物[編集]

スペインはアンダルシア州カディス県にあるヘレス・デ・ラ・フロンテーラ生まれ。ロマ文化の影響を受けて育った[1] 。 幼いころから彼女はアンダルシアのロマ民謡の歌手や踊り子として有名で、1939年から1987年まで映画へも出演してきた。 w:Manolo Caracolと民謡番組を放送していた時代は最も大きく成功していた時代で、彼とは1951年まで芸術上のパートナーだった。

私生活[編集]

1958年、ギタリストAntonio González el Pescaíllaと結婚し、3人の子をもうけた。長女Doloresは歌手・俳優のロリータ・フローレスとなり、長男 アントニオ・フローレスはロックミュージシャン/俳優/歌手となり、次女 ロサリオ・フローレスも俳優/歌手となった。

1995年、乳がんのため死去。72歳没。遺体はマドリードのw:Cementerio de la Almudenaにて埋葬された。

彼女の死から少しして、精神状態がよろしくなかった34歳の息子アントニオ・フローレスもヘロインの乱用で死去し、彼の遺体は母親のそばに埋められた。

2007年、1931年から1958年までの彼女を描いた伝記映画Lola, la películaが制作された。

脚注[編集]