ロジャー・ケースメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロジャー・ケースメント

ロジャー・ケースメント(Roger Casement,1864年9月1日 - 1916年8月3日)は、アイルランド人権活動家。元イギリス外交官ナイトの称号も与えられたが、後にアイルランド独立活動家になった。

ダブリン出身。外交官となりイギリス政府によってコンゴ自由国へ視察を赴きそこで行なわれている暴虐を報告した。彼の報告書はイギリス外相の前文を添えて各国政府に送付され、国際問題へと発展した。その後リオ・デ・ジャネイロ駐在総領事となりプトゥマーヨ河で発生した原住民虐殺事件の調査を命じられ、その地域で行なわれたゴム業者による原住民への搾取と虐待を報告した。1912年に辞職。第一次世界大戦中の1916年アイルランド義勇軍イースター蜂起に使う武器を調達をするため、ドイツ帝国ベルリンに渡ったが帰国時に逮捕された。反逆罪とスパイ活動の罪でロンドン絞首刑となった。