レーヴ・ダヌィーロヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヴィウの町を背景にしたレーヴ・ダヌィーロヴィチの肖像(15世紀)

レーヴ・ダヌィーロヴィチ(古ルーシ語:Левъ Даниловичъウクライナ語:Лев Данилович、意味:レーヴ、ダヌィーロの子、1228年 - 1301年)はリューリク朝の公の一人で、ベルズ公国の公(在位、1245年 - 1264年)、ペレームィシュリ公国の公(在位、1264年 - 1301年)、ハールィチ公国の公(在位、1269年 - 1301年)であり、ハールィチ・ヴォルィーニ大公国の4代公(在位、1293年 - 1301年)でもあった。

概要[編集]

レーヴは次男として、ハールィチ・ヴォルィーニ大公国の二代公、ダヌィーロ・ロマーノヴィチと、ムスティスラーヴ・ムスティスラーヴィチの娘、アンナの間に1228年に生まれた。兄イラクリイは1240年に死んでから、父の跡継ぎとして重視されるようになる。1247年、父の反モンゴル連合を完成させるために、レーヴはハンガリー王国の国王ベーラ4世の娘、コンスタンツと結婚した。1250年代にはモンゴル人の長クレムサウクライナ語版ロシア語版と戦い、多数の勝利を重ねた。1259年、レーヴの父がノガイブルンダイロシア語版英語版が率いるモンゴル軍に敗れたため、ハールィチ・ヴォルィーニ大公国は再びジョチ・ウルスに従属した。大公国はモンゴル人の先方としてヨーロッパの諸国へ出兵した。

1264年、父ダヌィーロの死後、ペレームィシュリ公国の公となり、自らの公座をレーヴにちなんで名づけられたリヴィウ[1]へ移した。弟シュヴァールノは死ぬと、レーヴはハルィチナーの全地域とヴォルィーニ公国の諸領地を受けた。また、1272年にハールィチ・ヴォルィーニ大公国の首都をハールィチからよりさらに西の方にあるリヴィウに遷都した。

レーヴはジョチ・ウルスの支配下にありながら、モンゴル人の力を借りて自分の領土を増やそうとし、反モンゴル政策をひそかに抱き続けていた。そのために、1280年代ハンガリー王国ザカルパッチャ地方を奪ってポーランド王国のルブリン州を占領すると同時に、チェコリトアニアドイツ騎士団と同盟を結んだ。

1293年、叔父ヴァスィーリコの子孫が絶えると、全ハールィチ・ヴォルィーニ大公国の君主となった。1301年に死去。レーヴは存命中にモンゴルと対立を避けるために父の王位を受けなかったが、レーヴの息子ユーリイ・リヴォーヴィチは力を蓄えて自ら「ルーシの王」と称した。

脚注[編集]

  1. ^ ウクライナ語では「リヴィウ」(Львів)は「レーヴの町」という意味を持っている。「レーヴ」はラテン語の「レーオ」(獅子)にあたる。

リンク[編集]

先代:
ヴァスィーリコ
ハールィチ・ヴォルィーニ大公
Alex K Halych-Volynia.svg
1293年 - 1301年
次代:
ユーリイ1世