ベルズ公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベルズ公国ウクライナ語: Белзьке князівство)は、12世紀から15世紀にかけて存在した中世ルーシの分領公国の1つである。その領土はブク川流域(現ウクライナヴォルィーニ地域)に広がり、ルーシ諸公国の中では西部に位置した。公国の名は首都のおかれた都市・ベルズ(ru)に拠る。

歴史[編集]

ベルズ公国は1170年頃にヴォルィーニ公国の分領公国として成立した。その最初の公(クニャージ)はキエフ大公ムスチスラフ2世の子のフセヴォロドだった。以降、ヴォルィーニ公国、ガーリチ・ヴォルィーニ公国に従属した。1240年にはモンゴルのルーシ侵攻によって破壊された。1340年から1377年にかけてリトアニア大公国の一部となり、1388年からはマゾフシェ公国に従属した。1462年ポーランド王国(ru)に併合され、1772年(第1次ポーランド分割)までその一部となっていた。

参考文献[編集]

  • Гайдай Л. Історія України в особах, термінах, назвах і поняттях. — Луцьк: Вежа, 2000.
  • Радянська енциклопедія історії України. — К., 1969. — т. 1.

関連項目[編集]