レディアンス・オブ・ザ・シーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Radiance of the Seas - Juneau, AK.jpg
船歴
起工
進水 2000年10月14日
竣工 2001年3月9日
その後
主要目
総トン数 90,090 トン
全長 293.2 m
32.2 m
吃水 9.0 m
主機 ガスタービン+蒸気タービン・エレクトリック(COGES
出力 78,600馬力(総出力)
54,400馬力(推進出力)
航海速力 24.0ノット
最高速力
船客定員 2,112名(最大 2,500名)
乗組員 858名

レディアンス・オブ・ザ・シーズRadiance of the Seas)、またはレイディアンス・オブ・ザ・シーズは、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが運航しているクルーズ客船

レディアンス・オブ・ザ・シーズ(手前)とクイーン・エリザベス2(奥)

概要[編集]

レディアンス・オブ・ザ・シーズ級(ロイヤル・カリビアン・インターナショナルではヴァンテージ・クラスと呼称)の1番船で、2001年3月9日、ドイツのマイヤー・ヴェルフトで竣工。船価は3億5千万ドル。 4月6日に行われた命名式にて、Margot Pritzker(ハイアット会長の妻)によって命名され、翌7日よりパナマ運河クルーズに就航した。 本船は環境に配慮して、先に建造されたセレブリティ・クルーズミレニアム級と同様のGEマリン LM2500+型ガスタービン2基とその排気熱を利用した蒸気タービン1基で発電するCOGESと呼ばれる電気推進システムを採用し、NOx排出量を大幅に低減させた。 その電力により2基のアジポッド推進器を駆動し航行する。 2011年5月~6月にはオアシス・オブ・ザ・シーズ級と同様の施設・サービス等を取り入れて船内設備を更新する大規模改装を行った。 また、同型の2番船が2002年に、3番船が2003年に、4番船が2004年に建造された。

同型船[編集]

  • 2番船 「ブリリアンス・オブ・ザ・シーズ(Brilliance of the Seas)」
2002年7月5日竣工。
  • 3番船 「セレナーデ・オブ・ザ・シーズ(Serenade of the Seas)」
2003年7月30日竣工。
  • 4番船 「ジュエル・オブ・ザ・シーズ(Jewel of the Seas)」
2004年4月22日竣工。

参考文献[編集]

  • 海人社『世界の艦船 増刊 世界のクルーズ客船 2009-2010』2009年12月号増刊 No.716
  • 海人社『世界の艦船』2001年8月号 No.585
  • 海人社『世界の艦船』2004年2月号 No.622
  • 海人社『世界の艦船』2011年9月号 No.747
  • 船舶技術協会『船の科学』2000年12月号 第53巻第12号
  • 船舶技術協会『船の科学』2001年8月号 第54巻第8号

外部リンク[編集]