レジェンド・オブ・ヒーロー/中華英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レジェンド・オブ・ヒーロー/中華英雄
中華英雄
A Man Called Hero
監督 アンドリュー・ラウ
脚本 マンフレッド・ウォン
製作 バービー・タン、マンフレッド・ウォン
製作総指揮 レイモンド・チョウ
出演者 イーキン・チェン
ニコラス・ツェー
配給 アートポート
公開 香港の旗 1999年7月17日
日本の旗 2001年2月17日
上映時間 116分
製作国 香港の旗 香港
言語 広東語
テンプレートを表示

レジェンド・オブ・ヒーロー/中華英雄』(れじぇんどおぶひーろー ちゅうかえいゆう、原題:中華英雄、英語題:A Man Called Hero)は、1999年公開の香港映画。監督はアンドリュー・ラウ。主演はイーキン・チェン。原作は香港で大ヒットしたマー・ウィンシン(馬栄成)の漫画『中華英雄』。

ストーリー[編集]

1920年代の中国。裕福な家に育ちながらも、「天乱孤星」(孤独の星)の下に生まれた華英雄(ファー・インション)は、師匠から奥義を伝授された日に、アメリカ人たちに家族を惨殺される。復讐を果たした華英雄は、国を脱し、アメリカに逃れることを決意。分かれることを恋人に告げたその晩二人は結ばれる。渡米した英雄を待ち受けていたのは苛酷な労働だった。ある日、妻からの手紙を受け取り、子どもができたことを知る英雄。過酷な労働に耐えながら団結して生きる中国系移民とそれに敵意を抱く白人至上主義の団体が対立。これに、英雄の奥義を狙う日本の忍者や侍軍団が登場。四方八方で戦いが勃発。はるばる中国から英雄に会いに妻は、この戦いに巻き込まれて命を落とす。悲嘆にくれる英雄は戦いにピリオドを打つために立ち上がる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]