レクチゾール法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レクチゾール(Rectisol) は商品名でり、さまざまな供給ガスから硫化水素二酸化炭素のような酸性ガスを分離するために、メタノールを吸収液として用いる酸性ガス除去英語版プロセスである。[1] 処理することにより、供給ガスはより 燃焼に適したものとなる。レクチゾール(Rectisol)は多くの場合、石炭や重炭化水素ガス化英語版により生成される合成ガス (主として 水素一酸化炭素)を処理するために用いられる。メタノール吸収液はこれらのガス中に見いだされるアンモニア, 水銀シアン化水素のような微量成分を除去することができる。さまざまな供給ガスにおいて酸性ガスや大容量成分であるCO2 は、メタノール 吸収液を再生している間に分離される。

プロセス概要[編集]

レクチゾール(Rectisol)プロセスはリンデ(Linde AG)およびルルギ(Lurgi AG)英語版が実施権をもち、冷メタノールを用いておよそ-40 °F (-40 °C)、比較的高い圧力で、これは通常400から1000 psia (2.76 to 6.89 MPa)である、酸性ガスを供給ガスから吸収する。酸性ガスを含むリッチな吸収液は、その後酸性ガスを放散、回収するために圧力をさげる。レクチゾールプロセスは硫化水素二酸化炭素を選択的に分離回収する運転をすることができる。そのため硫化水素はクラウスプロセス英語版装置にて硫黄元素に転化したり、WSAプロセス英語版装置にて硫酸を回収することができる。一方同時に二酸化炭素が隔離可能となり、石油増進回収法に用いられる。

レクチゾール(Rectisol)はセレクソール(Selexol)英語版やプリソール(Purisol)と同様に物理吸収液であり、酸性ガスとの化学反応によるアミンによる酸性ガスを除去する英語版吸収液とは異なる。吸収液としてのメタノールは、専売のセレクソール(Selexol)やプリソール(Purisol) 吸収液と比較して安価である。レクチゾールプロセスは低い温度を維持するためにより多くの電気的エネルギーを必要とする。しかし、再生に必要な蒸気エネルギーは少ない。メタノール吸収(レクチゾール(Rectisol))装置の建設費は専売吸収液装置よりも高いが、冷物理吸収液としてのメタノールは酸性ガス成分を高効率で除去するができ、より高い純度のガスを精製できる。

レクチゾールプロセスは自由度が高く、ガスから要求される最終的な生成物に応じて、合成ガスをどのような成分に分離するかにより設計することができる。このプロセスは、例えば、水素、一酸化炭素、アンモニア、メタノール合成ガスと燃料ガスような、さまざまな生成物を必要する複雑な構成に適している。[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Kohl, A, and Nielsen, R. (1997). Gas Purification (Fifth edition ed.). Gulf Publishing Company. 
  2. ^ “Process Screening Analysis of Alternative Gas Treating and Sulfur Removal for Gasification” Revised Final Report; December 2002; Nick Korens, Dale R. Simbeck, Doanld J. Wilhelm; SFA Pacific, Inc. Mountain View, California

関連項目[編集]

外部リンク[編集]