酸性ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

酸性ガス(さんせいガス、英語:Acid gas)は硫化水素(H2S)、二酸化炭素 (CO2) や同様の酸性のガスを多く含む天然ガスやその他のガスの混合物である。

酸性ガスサワーガス英語版(sour gas)という言葉はよくまちがって同義語として取り扱われる。厳密にはサワーガスは硫化水素を多く含んだガスで、一方で、酸性ガスは二酸化炭素 (CO2)や硫化水素のような酸性のガスを含んだガスである。よって、二酸化炭素自体は、酸性ガスであるがサワーガスではない。

考察[編集]

硫化水素や二酸化炭素を含むそのままの天然ガスが使われる前は、ガスを不純物を受け入れ可能なレベルまで減らすように取り扱っていた。一般にアミンガス処理プロセスで行われていた[1][2]除去されたH2Sは、多くは副生成物である硫黄元素へ硫黄回収装置にて転換したり、価値のある硫酸WSAプロセス英語版にて転換する。

石油精製や天然ガスプロセスプラントでのメルカプタンや硫化水素を除去するプロセスはスイートニング プロセスといわれている。これは反応生成物がメルカプタンや硫化水素の悪臭もたないサワーでない生成物となるからである。

硫化水素は毒性のガスである。多くの材料は硫化物応力割れ英語版に感受性を持つため、サワーガスを取り扱う配管や機器に制限をもたらす。

7%から10%の二酸化炭素を含むとめまい、頭痛、視覚,聴覚機能障害、数分から1時間ほどで意識を失う。17%を超えると1分以上暴露すると死に至る。[3]

関連項目[編集]

参考[編集]

  1. ^ NaturalGas.org website page Processing Natural Gas
  2. ^ Energy Information Agency website page Natural Gas Processing: The Crucial Link Between Natural Gas Production and Its Transportation to Market
  3. ^ U.S. Environmental Protection Agency: "Carbon Dioxide as a Fire Suppressant: Examining the Risks"