ルートヴィヒ・リース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルートヴィヒ・リース

ルートヴィヒ・リース(Ludwig Riess, 1861年12月1日 - 1928年12月27日)は、ドイツユダヤ系歴史学者お雇い外国人

経歴[編集]

プロイセン王国西プロイセンのドイチュ・クローネ(現在のポーランド西ポモージェ県ヴァウチ英語版)生まれ。

ベルリン大学レオポルト・フォン・ランケのもとで、厳密な史料批判を援用する科学的歴史学の方法を学ぶ。 1887年、26歳の時に東京帝国大学史学科講師として来日。科学的歴史学の方法を教えるとともに、1889年史学会創設を指導した。1902年まで日本に滞在し、慶應義塾大学陸軍大学でも教えた。

帰国後はベルリン大学講師、次いで助教授となり新聞に日本事情を伝える連載をもった。 妻は来日時に結婚した大塚ふくで、一男四女をもうけた。帰国の際には一人息子の応登(オットー)だけを伴った。1928年ベルリンにおいて死去。67歳であった。

阿部秀助は、リースの娘を妻とし、リース『欧州近世史』を日本語に翻訳した。

著書[編集]

  • 『日本雑記』
  • 『近代日本発展史』
  • 『欧州近世史』
  • 『世界歴史』

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 永原慶二『20世紀日本の歴史学』吉川弘文館、2003