ルーアン海洋博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーアン海洋博物館(Maritime, Fluvial and Harbour Museum of Rouen、フランス語:musée maritime fluvial et portuaire de Rouen)は、フランス最大のの一つであるルーアンの港の歴史について展示する博物館である。1999年にオープンした。

展示[編集]

博物館の展示のメインテーマは次のようなものである。

トロール船のモーター、かつてリスレ川の入り江に位置していたミストベル、ダイビング器材、1960年代のラジオキャビンの複製なども見ることができる。

博物館の中央にはクジラの全身骨格が展示されている。沖に上がって死亡した7歳のナガスクジラのものである。

また、ポンポン・バージと名づけられた38mもの長さの石でできた艀が展示室に展示されている。

そのほかにも、ルーアンの運搬橋ヴァイキングに関するものなど雑多な品が一時的に展示されている。

写真[編集]

場所[編集]

博物館のある第13格納庫

博物館は、ギュスターヴ・フローベール橋からそう遠くない、かつて港の格納庫があった場所に位置している。

格納庫は1926年に建てられ、1966年にPort autonome de Rouenと名付けられるまで、ハンガーMと呼ばれていた。この格納庫は、北アフリカとの航路を開いたSchiaffino Companyによって購入される1970年代まで放置されていた。専用のワイン格納庫ができるまではワインを貯蔵するために使われていたが、格納庫が作られて後は果物の貯蔵用に使われるようになった。1970年代から1984年まで、この格納庫は多くの会社によって使われたが、次第に港の構造に合わなくなったため使われなくなった。

外部リンク[編集]

座標: 北緯49度26分42秒 東経1度03分40秒 / 北緯49.445度 東経1.061度 / 49.445; 1.061