ル・テリブル (原子力潜水艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
S619.Le Terrible.wmt.jpg
艦歴
建造者 DCNSシェルブール工廠
運用者 Flag of France.svgフランス海軍
起工 2000年10月24日
進水 2008年3月21日
就役 2010年9月20日
主要諸元
艦種 原子力潜水艦
艦級 ル・トリオンファン級原子力潜水艦
排水量 基準 12,685t
全長 138.0m
全幅 12.5m
吃水 10.6m
機関 加圧水型原子炉/ポンプジェット 41,500馬力
発電用ディーゼルエンジン 2基 1,500kW
速力 水上 不明
水中25kt
乗員 111名
兵装 533mm魚雷発射管 × 4門(L5魚雷
M51潜水艦発射弾道ミサイル × 16発
レーダー 航海レーダー
ソナー DSUX80 艦首パッシブソナー
DUUX5 舷側ソナー
DSUV61B 曳航ソナー
探索装置・
その他装置
攻撃/探索潜望鏡
テンプレートを表示

ル・テリブルフランス語Le Terrible, S 619)は、フランス海軍原子力潜水艦ル・トリオンファン級原子力潜水艦の4番艦。艦名は戦慄を意味するフランス語から。この名を受け継いだ艦としては17代目にあたる。

艦歴[編集]

「ル・テリブル」は、DCNSシェルブール工廠で2000年10月24日に起工、2008年3月21日進水、2010年9月20日就役。ロング島基地に配備されている。

2008年3月21日にDCNCシェルブール造船所で挙行された進水式では、ニコラ・サルコジ大統領の手により進水した。M51SLBMの発射試験などを行った後、初のM51搭載艦として2010年9月に就役した[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]