ルブレドキシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rubredoxin
PDB 1s24 EBI.jpg
rubredoxin domain ii from pseudomonas oleovorans
識別子
略号 Rubredoxin
Pfam PF00301
Pfam clan CL0045
InterPro IPR004039
PROSITE PDOC00179
SCOP 7rxn
SUPERFAMILY 7rxn

ルブレドキシンは、硫黄を利用する細菌古細菌が持つ、配位した低分子のタンパク質の一つである。鉄-硫黄タンパク質に分類されることもあるが、通常の鉄-硫黄タンパク質と違って無機硫黄を含まない。シトクロムフェレドキシンリースケタンパク質と同様に、生体システムの電子伝達に関わっている。

構造[編集]

いくつかのルブレドキシンの三次元構造は既に解かれている。二次構造は2つのαヘリックスと2つから3つのβシートを持ち、α+βクラスに分類されている。活性中心には鉄イオンがあり、4つのシステイン残基の硫黄原子と四面体を作って結合している。この構造は、鉄イオンタンパク質の命名法に従えば[1Fe-0S] またはFe1S0と記述される。ルブレドキシンは一電子移動を行い、中心の鉄イオンの酸化数は+2から+3に変わる。どちらの酸化状態でも金属原子は高スピン状態を保っており、構造の変化を最小限に抑えている。ルブレドキシンの還元電位は、通常+50mVから-50mVの範囲である。

参考[編集]

  • Stephen J. Lippard, Jeremy M. Berg, Principles of Bioinorganic Chemistry, University Science Books, 1994, ISBN 0-935702-72-5
  • J.J.R. Fraústo da Silva and R.J.P. Williams, The biological chemistry of the elements: The inorganic chemistry of life, 2nd Edition, Oxford University Press, 2001, ISBN 0-19-850848-4

外部リンク[編集]

活性中心の構造