ルドルフ・カルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rudolf Emil Kálmán

ルドルフ・カルマン(Rudolf Emil Kalman、1930年5月19日 - )はハンガリー系アメリカ人の工学者である。彼は電気技術者として教育を受た後、カルマンフィルターの研究で名を馳せた。

カルマンフィルターのアイディアは当初、懐疑的に受けとめられた。というのも最初に発表したジャーナルが電気工学系でなく、機械工学系のものだったからである。しかし、NASAエイムズ研究センターのスタンレー・シュミットを尋ねた際、彼にこのアイディアを話し、広く世間に受け入れられるようになった。この出会いにより、後にアポロ計画でカルマンフィルターが採用されることになる。

経歴[編集]

受賞歴[編集]

家族[編集]

  • Constantina nee Stavrouと結婚しており、二人の子(AndrewとElisabeth)をもうけている。

関連項目[編集]