ルクレツィア・ディ・コジモ・デ・メディチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルクレツィア・ディ・コジモ・デ・メディチ(アーニョロ・ブロンズィーノ画)

ルクレツィア・ディ・コジモ・デ・メディチ(Lucrezia di Cosimo de Medici, 1544年6月7日 - 1562年)は、モデナおよびフェラーラ公アルフォンソ2世・デステの最初の妃。

トスカーナ大公コジモ1世と妃エレオノーラ・ディ・トレドの三女(第5子)として、フィレンツェで誕生。姉はイザベッラ、兄にフランチェスコ1世・デ・メディチがいる。1558年にアルフォンソと結婚したが、フェラーラへ移って2年後に急死した。子供はなく、夫に毒殺されたと、広く噂された。

ブロンツィーノによる肖像画が残り、彼女にちなんで19世紀のイギリスの詩人ロバート・ブラウニングが“My Last Duchess”を書いた。