エレオノーラ・ディ・トレド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エレオノーラ・ディ・トレド
エレオノーラと息子ジョヴァンニ(アーニョロ・ブロンズィーノ画)

エレオノーラ・ディ・トレド(Eleonora di Toledo, 1519年 - 1562年12月17日)は、トスカーナ大公コジモ1世の妃。

ナポリ副王ビリャフランカ侯ペドロ・アルバレス・デ・トレドの長女として、アルバ・デ・トルメス(現在はサラマンカ県ムニシピオ)で生まれた。祖父は第2代アルバ公ファドリケである。1539年にフィレンツェ公コジモ・デ・メディチと結婚。11子の母となり、1562年にマラリアに罹患しピサで亡くなった。

子女[編集]

  • マリーア(1540年 - 1557年)
  • フランチェスコ1世(1541年 - 1587年) トスカーナ大公
  • イザベッラ(1542年 - 1576年)
  • ジョヴァンニ(1543年 - 1562年)
  • ルクレツィア(1545年 - 1561年)
  • ピエトロ(1546年 - 1547年)
  • ガルツィア(1547年 - 1562年)
  • アントニオ(1548年、夭折)
  • フェルディナンド1世(1549年 - 1609年) トスカーナ大公
  • アンナ(1553年、夭折)
  • ピエトロ(1554年 - 1604年)
執筆の途中です この「エレオノーラ・ディ・トレド」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア