ルキウス・アエミリウス・パウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルキウス・アエミリウス・パウッルス (: Lucius Aemilius Paullus, ? - 紀元前216年8月2日) は、共和政ローマの政治家・将軍。紀元前219年紀元前216年の二度、執政官の職に就いた。ルキウス・アエミリウス・パウッルス・マケドニクスの父親にあたる。

『執政官パウルスの最期』(John Trumbull, 1773)

パウッルスは紀元前219年マルクス・リウィウス・サリナトルと共に執政官に選出されたが、その年の第二次イリュリア戦争において、ファロスのデメトリウスに敗北した。第二次ポエニ戦争中の紀元前216年、パウッルスはウァッロとともに二度目の執政官に選出された。同年8月2日カンナエの戦いで、ハンニバル率いるカルタゴ軍に大敗し、パウッルスは戦死した。

パウッルスの娘、アエミリア・テルティア(アエミリア・パウッラ)はスキピオ・アフリカヌスの妻である。

カディス青銅板碑文には次のように記している。

ルキウスの息子、最高司令官ルキウス・アエミリウスは、ラスクタの塔に居住するハスタ族の隷属農民たちの解放を決定した。彼らは、その時に自身が持っている土地や砦の所有を認められ、ローマの民衆と元老院が望むかぎり、それらを持ちつづけることができる。1月12日、陣営にて決定した。