カンナエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カンナエラテン語: Cannae)は、イタリア半島南東部のアプリア地方、アウフィドゥス川(現在のオファント川)沿いに存在していた村、およびその周辺のこと。ラテン語の読みの違いにより「カンナエ」のほかカンネーカンネの表記もされる。現在のプッリャ州バルレッタのカンネ・デッラ・バッターリア(イタリア語: Canne della Battaglia)にあたる。

第二次ポエニ戦争中の紀元前216年8月2日ハンニバル率いるカルタゴ軍と、ルキウス・アエミリウス・パウルスガイウス・テレンティウス・ウァロ率いるローマ軍が戦った(カンナエの戦い)。この会戦が右岸と左岸のどちらかで戦われたのか、現在でも論争が続いている。歴史上でも稀な包囲殲滅戦が行われた古戦場として名高い。

座標: 北緯41度17分47秒 東経16度09分06秒 / 北緯41.29639度 東経16.15167度 / 41.29639; 16.15167

執筆の途中です この「カンナエ」は、イタリアの地理関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア